連載小説『ヒゲとナプキン』

43
ノート

連載小説『ヒゲとナプキン』 #36

【全文無料公開】  学生たちの春休みと年度末決算が重なる三月末は、旅行業界きっての繁忙期...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #35

【全文無料公開】 「あっ、そうだ」  境内の長椅子でしばらく手を取り合っていた二人だった...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #34

【全文無料公開】  黒いロングコートに身を包んだサトカが、鳥居の向こうから手を振りながら...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #33

【全文無料公開】  ひっそりと静まり返った新宿二丁目の街を、イツキはコートの襟を立てて歩...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #32

【全文無料公開】  ふと目が覚めた。暗闇に包まれた部屋の中で、イツキはスマホを探して毛布...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #31

【全文無料公開】  イツキに「伝えなければいけないことがある」と言ったきり、父のシゲルは...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #30

【全文無料公開】  夕方六時を過ぎたばかりだったが、あたりはずいぶん暗くなっていた。等間...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #29

【全文無料公開】  父の謝罪にたまらず家を飛び出したイツキに、群馬特有の「赤城おろし」が...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #28

【全文無料公開】  八年ぶりに対峙した父から、藪から棒に「すまなかった」と頭を下げられ、...

100

連載小説『ヒゲとナプキン』 #27

【全文無料公開】  JR前橋駅の北口ロータリーからバスに乗った。一月二日ということもあるの...

100