あしまいコラム

モノトーンに緑と青

最近の服。と、あたま。

美容師さんにせっかくカットしてもらった素敵ウルフだが…毎日暑すぎて下ろすのが無理〜!でも土台がウルフだからか、ただ結んだだけでも毛先に動きが出て良い感じになる。
シルエットのことはここに詳しく描いてます。

最近よくやってるのは、軽くストレートアイロンで波ウェーブにしてから結ぶアレンジ。外側のみ適当にやるだけでも、パーマかけた?と聞かれるくらい雰囲気変わります。
大ぶりイ

もっとみる

長財布から三つ折り財布へ

※2014年1月のブログ記事を移植しています。

お気に入りすぎて、4年半も使っていたお財布をとうとう変えました。

今まで使っていたのは、HIROKO HAYASHIの長財布。

会計時、ショップ店員さんにかなりの確率で「どこのお財布ですか?」と聞かれる、褒められ財布でした。(これより好みなデザインのお財布を見つけたら、変えよう)と思っていたのですが、4年半、現れなかった。
 
それほど気に入っ

もっとみる

第三の目が開かなかったら買わない

物は欲しがり出だすとキリがないから(特に新宿伊勢丹徘徊時)、第三の目が開いた時だけ買うと決めている。


第三の目方式は、これは本当に自分に必要な物なのかね…?と熟考する力、すなわち先を予測する力が養われ、無駄買いが減る。そうやって手に入れたものは大事にするから、長く使える。‌

しかし、第三の目が薄目を開けている時は危ない…開ききるのか閉じるのか!葛藤です。

もっとみる

最近のスキンケア (かお・からだ)

スキンケアは毎日の事なので、なるべく簡単にしたい。

だけど適当に済ませたいという事ではなく「工程は少なくして、作業を丁寧に」できると良いなと思っていて、自分の性格だと2工程だけならそれが続けられるかなぁという感じなので、スキンケアは化粧水→保湿クリームのみ。

基本はそれだけで、肌の状態や気分によって、足したり引いたりするわけです。鼻やアゴがザラついていたら先にふき取り化粧水(これやると化粧

もっとみる

トップスインしなくてもお洒落感は出せる

わたし実はトップスインするのがあんまり好きでは無いんですよ。

たしかにバランス良く見えるし、インする事を想定しデザインされているトップスも多いので臨機応変でその様に着たりもしますけども、1番好きなバランスは昔から上ダボ、下シュッです。
だからこのコーデはかなりツボでして、今すぐにでも模倣したい!と思っている。

-----------✂︎
ここから先の購読部分は、サンプルのイラストと文章が続

もっとみる

バッグ&ポーチの中身

ファッション誌などにバッグの中身特集があると、じっくり見てしまう。
その人の趣味嗜好が持ち物に表われていて、興味深いんだよね。
働きマンの裏表紙も好きだった。

そんな個人的趣味もあり、いつかあしまいコラムでも描きたいなーとぼんやり思っていたんだけど、その事をTwitterで言ったら反応が多かったので、早速やることにしました。

公開するからといって盛ったりしていない、正直なバッグ&ポーチの中

もっとみる

「家スニ」のススメ

月2回配信のashimaiウェブマガジン、第1回目です。令和もどうぞよろしくお願いします!

今日はルームウェアについて。

私は打ち合わせや、喫茶店で作業をする日以外は自宅のアトリエで仕事をしています。
そのため家だからといって寝巻きみたいな格好でいると、気分が切り替わらなくてダラっとしてしまうんですよね。
最低でも「そのまま近所の喫茶店やスーパーに行けるレベル」を保つようにしてる。柄物のワン

もっとみる

ashimaiウェブマガジン開始のお知らせ


5月からの #お洒落ビト目撃ブログ#あしまいコラム は有料ウェブマガジンになります!

noteを始めて3カ月、まずは慣れるため不定期で描いていたのですが、今後は月2回配信の ashimaiWEBマガジンとして、定期的にお届けします。
金額はイラストと内容量によって異なりますが、1作品500円から。
皆さんに珈琲を一杯、奢ってもらった気持ちで、いつもの喫茶店でまた次の作品を制作したいと思

もっとみる

ライブでの服

先日、サカナクションのライブ
SAKANAQUARIUM 2019(834.194)
6.1ch Sound Around Arena Sessionに行ったのですが、内容の素晴らしさはInstagramを見ていただくとして、今日はその日の服のことを描きます。

オーバーサイズのケミカルウォッシュGジャンにタイトなワンピースを合わせて80年代ファッションぽく。
アクセサリーはゴールドの輪っかイヤリ

もっとみる