【本・漫画】結局、みんな何かの天才なんじゃないかっていう

ときどき考えてしまう。

20代のあの時期、身体と魂を削っていくようにして仕事していたあの経験ってなんだったんだろう。今、それって生きてるんだろうか。いや、あんな経験、しないでいいならしなくたって今に何も影響しなかったんじゃないかな、とか。先日ほんとうに偶然出逢ったデジタル漫画、『原作版 左ききのエレン』を読んですべてが統合されて、さらには報われたような気がした。

ネタバレになるかもしれないの

もっとみる

【雑誌付録】MAQUIA (マキア) 6月号 猫型美圧かっさ&アクセーヌのUVケア用品

チャンネル登録よろしく★→https://bit.ly/2UJQ3XG

2019.4.22 発売

『願望実現ビューティ』マキア 15周年year MAQUIA (マキア) 6月号 付録

・猫型美圧かっさ
・アクセーヌ
(モイストバランスローション 約6日分)
(スーパーサンシールドブライトヴェール 約10日分)

それと、オマケで『メルヴィータ ロルロゼ ブリリアント ボディオイル』が付いて
もっとみる

原作版 『左ききのエレン』第二部「左ききのエレン HYPE」、cakesで3月28日から連載スタート!作品への出演者も募集!

かっぴーさんの人気マンガ 原作版『左ききのエレン』 第二部「左ききのエレン HYPE」が、3月28日(木)からcakesで連載スタートいたしました。

『左ききのエレン』は、「朝倉光一」という天才に憧れた一人の男が、「エレン」という才能と出会ったことではじまる、さまざまな才能をもったクリエイターの群像劇です。2015年、noteで公開されてすぐに話題を呼び、cakes連載時も不動の人気を誇った『左

もっとみる
スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
148

違うのは分かる

デザイナーと仕事をしていてモメることの一つに、「違う」としか指摘できないことがある。

自分はデザイナーじゃないから、と言ってしまうとそれは言い訳のようになってしまうので少し違うのだけれど、「こうすれば良い」という答えを知ってるわけじゃあない。

デザイナーが何かデザインをあげてくれた時に、安易に「なんか違うなぁ」と言ってしまうと大変なことになるのです。

と、そんなことを思い出したのは仕事でデザ

もっとみる

0120 「左ききのエレン」読んだ

休み。昼間はちょっと仕事とかする。
夜からKindle Unlimitedで「左ききのエレン」読む。おもしろかった。近くて遠い業種だから、良い感じにつらくて面白く読めた。明日からの仕事をがんばろうと思える良い時間だった。続き買お。

SNSポリスがバズった頃、絶対これ紙にしたい〜〜と思って企画会議に出したことがあって、「最近の人気のやつはよくわからん」と言われて落とされたことがあるからかっぴーさん

もっとみる

自分の常識とは?

毎日が退屈だと思う事はありますか?

毎日が同じような日々で

何かしたいけど

何をしていいか分からなかったり

今更やってもムダだと思ったり

そんな毎日を過ごしてないですか?

それがなぜ起こるのか?

きっと

それは毎日をこなす事にいっぱいになって

新しい事も特に起きず

平凡に暮らしてるから

とか思ってませんか?

それはきっと

自分の中の習慣化された

常識の中にいるからではな

もっとみる

かっぴーさんによる参考作品「マンガ家になりたかった」 #描くようになったきっかけ #PR

「#描くようになったきっかけ 投稿コンテスト」運営事務局です。

マウスコンピューターとnoteがコラボして、あなたがイラストやマンガを #描くようになったきっかけ についての投稿コンテスト。〆切は2019年1月15日です。コンテスト開催にあたって、マンガ家のかっぴーさんに、参考作品を描いていただきました。

◯かっぴーさんのプロフィール
1985年神奈川生まれ。株式会社なつやすみ代表。武蔵野美術

もっとみる

第115号『イラストレーターを安易に目指すな』

先日、専門学校の先生達と懇親会を開いてぶっちゃけた話をしました。

そこでわかったことをまとめると。

①ゲームコースの志望者が減っている=なんかいっぱい勉強しなきゃいけないイメージがある。実力がものを言う世界というイメージ。

②コミック&イラストコースの志望者が多い=正確にはコミック(漫画)ではなくイラストコース=イラストレーター志望が多い。

①のゲーム業界志望者が減っているのは悲しい限りで

もっとみる
私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
305

ビジネスモデル2.0図鑑『アイとアイザワ』

かっぴーさんの同名小説を原作に、ウチがマンガ化をした『アイとアイザワ』が出た。女子高生と人工知能の愛と冒険のSFなのだけれど、内容の紹介はあちこちでしてくれているし、インタビュでも答えたので、ビジネスモデルの観点から書いてみる。
というか、チャーリーさんのこちらの記事がたいへんおもしろかったので、自分でもやってみたくなったのである。

 ビジネスモデル2.0図鑑の方式にのっとると、『アイトアイザワ

もっとみる

原作・かっぴーさん、漫画・うめさんによる漫画『アイとアイザワ』が、本日発売!

noteでも大人気、cakesでは『左ききのエレン』を連載していたかっぴーさんの書籍『アイとアイザワ』が本日、宝島社より発売されました。

かっぴーさんがnoteで連載している小説「アイとアイザワ」が、同じくnoteやcakesで活躍中の漫画家うめさんの作画により単行本化。原作版の小説はnoteで全話無料公開されています。

■かっぴーさんプロフィール
1985年神奈川生まれ。株式会社なつやすみ代

もっとみる