リヴァプール

南野拓実、いざ覚醒の瞬間へ

チャンピオンズリーグのグループステージ第2節リヴァプール対ザルツブルクは4-3で辛くも前回王者のリヴァプールが勝利。

 この試合、ザルツブルクの日本代表MF南野拓実が1ゴール1アシストの活躍を披露。さらにキープ力の高さを存分に発揮。世界中に彼の名を知らしめる結果となった。

↓リヴァプール対ザルツブルクハイライト(ValmortSさん)

 この試合が彼のキャリアに与える影響は極めて大きいもので

もっとみる

8/9 リヴァプール 対 ノリッジ シティ

プレミアリーグ開幕戦ですね
昨シーズン2位という悔しい思いを胸に
今シーズンこそは優勝へ向かって行きたいですね
何ができるかと言われたら応援することしかないので
しっかりと見届けて行きたいと思います
とは言え仕事でバタバタして後日観戦となってしまいました
この試合は開幕戦という事もありますが
昇格チームノリッジの不気味さは少し怖いですね
2部リーグを優勝して2部リーグ得点王もいるチームですので

もっとみる
ありがとうございます!僕らの作った音楽もぜひ聴いて下さい!
3

【マッチレビュー】CLグループE第一節ナポリ対リヴァプール

こんにちは、この度初めてマッチレビューを書くということで非常に緊張しているフラです。至らぬ点も多々あると思いますが最後まで読んでいただければ幸いです。

スタメン

[前半]

リヴァプールはキックオフから相手陣内にロングボールを蹴り込み、いつも通り前線から厳しいプレスを敢行しました。これにより9分や23分で見られたロングボールを蹴らされていたクリバリのシーンなどのように前から適切に速くプレスをか

もっとみる

リヴァプールの主な移籍情報

今夏のリヴァプールの移籍情報を紹介していく。

①アドリアン

ミニョレが退団した翌日に獲得が発表された。リヴァプールはミニョレの代役としてウェストハムから獲得した。アリソンが負傷して出場した時、PKをとめて大活躍した。

②ファンデンベルフ

17歳ながらオランダのリーグで15試合に出場し、将来が有望な若手選手である。この選手に対してリヴァプールをはじめバイエルンやアヤックス、PSVなどによる争

もっとみる

見せつけられた地力の差 リヴァプールvsアーセナル

幸運なことにこの試合を現地観戦をすることができました。その備忘録として、そして元から興味がありこれを機に自分なりに分析しまとめてみました。

スターティングラインナップ

エメリの大胆な奇策

エメリはアーセナル就任以来ほとんどしていない4321でスタート。ボール保放棄し、自陣に撤退し相手をリスペクトした戦い方を選択。SBの上がるスペースを与える代わりに、MF、DF陣で強烈なリヴァプール3TOPの

もっとみる

徒然なるままに⑦

こんばんは。東北南部はとても涼しい夜で、もう秋ですね。

▼九州北部で豪雨災害 冠水・孤立も
https://twitter.com/Yahoo_weather
https://twitter.com/wni_jp
九州北部の #豪雨 #水害 心よりお見舞い申し上げます。
#線状降水帯 が原因だそうですが、6~7月 #梅雨前線 、8月から本格化する #台風 。
いまの #梅雨前線 と、長雨つづき。

もっとみる

リヴァプール観戦日記(1)

UEFAスーパーカップ vsチェルシー(8/15)

シーズン開幕してサッカー観れるの幸せ、あとコミュニティシールドもスーパーカップも流すDAZN最高、、

前半

スタメン

リヴァプール
FW:チェンバレン、マネ、サラー
MF:ファビーニョ、ミルナー、ヘンダーソン
DF:ロバートソン、ファンダイク、マティプ、ゴメス
GK:アドリアン

チェルシー
FW:ジルー
MF:プリシッチ、コバチッチ、ジ

もっとみる

8/4 リヴァプール対マンチェスターシティ

今回はサッカーの観戦日記をお送りしたいと思います
というのもわたくしイギリスのサッカーチーム
「リヴァプールFC」をかれこれ十何年ほど応援してまして
一試合一試合わーわー言いながら見てきた訳なんですが
今年も新シーズンが始まるこの時期に
今年は勝手ながら文字に残して色々思い出したりして
サッカーをもう少し知って行きたいななんて思いましたので
本当に自由なままにわがままにですが書いて行きます
とはい

もっとみる
ありがとうございます!僕らの作った音楽もぜひ聴いて下さい!
1

AFOPRO的リヴァプールのプレーモデル分析

今回紹介するのは、今シーズンのプレミアリーグで最後まで壮絶な優勝争いを演じたリヴァプールである。そのダイナミックなサッカースタイルは多くのサッカーファンを惹きつけ、また監督ユルゲン・クロップのカリスマ性はスペインでも話題に挙がることが多い。

前チームであるボルシア・ドルトムントも含め、彼はチームのパフォーマンスを最大限にまで引き出していた。この2チーム間には若干の選手層の違いはあるものの、ゲーゲ

もっとみる