堺シュライクス

【関西独立リーグ】対福岡ソフトバンク戦(7/19) 選抜メンバースカウティングレポート

過去のレポートはこちら

7月2日対ソフトバンク

今度は関西にソフトバンクがやってくる

さて、関西独立リーグは今季4度目となるNPB交流戦の概要を発表しました。
対NPBとしては今季初のホームとなるアメニスキッピースタジアムでの開催です。

前回は1敗1中止。さあどうなるか。それではレポートをどうぞ。
※成績は2019年7月16日現在
※カッコ内は今季代表に選ばれた回数
※年齢は現在の年齢

もっとみる

【堺シュライクス】7.7シュライクス×Area26トークイベントレポ

前回のトークイベントはこちら

第2弾の顔ぶれ

前回のイベントから約1ヶ月。早くも第2回が行われた。今回もMCとしてお手伝いさせていただきました。

今回はキャプテン布施航選手、主砲神原裕司選手、ブルペンの要河村将督選手の3人が登壇した。そのダイジェストをお届けします。

移籍の経緯

布施、河村はそれぞれ同じリーグ内から、神原は社会人野球からの移籍となった。

ーなぜシュライクスに入団しようと

もっとみる

堺シュライクス〜とあるファンの目から〜トライアウト編

前回までのあらましはこちら

トライアウトが始まる

和歌山ファイティングバーズの完全優勝で2018年のBFLは幕を閉じた。
そこからほぼ1ヶ月ほど。11月9日。堺シュライクスのトライアウトが行われた。

誰が受けるとか、そんな事前の情報は一切なかった。見学のために南港中央球場に向かった。

球場に着くと、いた。トライアウトの受付をしようとしている野井優星と鉢合わせた。野井は2018年シーズンから

もっとみる

【#11】もしも野球経験が全くない32歳男性がプロ野球独立リーグのエースと対戦したら〜延期〜

前回までのあらましはこちら

延期

さて、ご存知の通り、6月30日の試合について、中止になっちゃいました。

この試合自体の振替はありませんが、企画の振替日程は未定。
とりあえず練習期間もちょっと長くなるとポジティブに考えます。

さてバッティングはと言うと

できる範囲での筋力トレーニングや素振り、バッセン通いは続けてましたが、いかんせん硬球を打てる環境がなく、ほんまにこれで大丈夫なんだろうか

もっとみる

【堺シュライクス】野井優星、20歳の決意

早いもので1年

2018年6月26日。この日は堺シュライクスが結成されると発表された日だ。まだ堺シュライクスという名前もなく、リーグの名前もBESEBALL FIRST LEAGUEだった。そのニュースを見て、何かものすごくワクワクして、その週末行われた巨人3軍とBFL選抜の試合を見に行ったのを覚えている。

あれから1年経ったが、ありがたいことに私は堺シュライクスにワクワクし続けている。むしろ

もっとみる

【関西独立リーグ】対福岡ソフトバンク戦 選抜メンバースカウティングレポート

過去のレポートはこちら

5月15日対オリックス

6月4日5日対千葉ロッテ

今年は7月に福岡へ

さて、本日関西独立リーグは今季3度目となるNPB交流戦の概要を発表しました。

前回は千葉ロッテ相手に善戦。今回はどんな戦いになるか。楽しみです。
それではスカウティングレポートをどうぞ!
※成績は2019年6月24日現在

首脳陣

監督:加藤秀司(3)
阪急ブレーブスの黄金期を支えた名内野手。

もっとみる

【#10】もしも野球経験が全くない32歳男性がプロ野球独立リーグのエースと対戦したら〜初めてのフリー打撃〜

前回までのあらましはこちら

バットを買いに

6月14日。キッピースタジアムの試合を見にいく前に、改めてスポーツ用品店でバットを購入。

T-岡田タイプのプロモデルにしました。もう折りたくない(苦笑)

それなら金属でもええやんと思う方もいるかもしれないが、「エースとのガチ対決」という中、やっぱり木製バットで打ちたいなーと。

ちなみに行った店にプロモデルバットが結構あったのですが、ラインナップ

もっとみる

【堺シュライクス】6.9 シュライクス×Area26トークイベントレポ

多分初のシュライクストークイベント

6月9日13時。堺市長選挙の投票が進む裏で、堺シュライクスのファンと選手が大阪市西成区にあるArea26に集結した。

Area26は大阪市内にある千葉ロッテマリーンズファンが集まるお店として有名だが、店主の種子島さんが「シュライクスを応援したい!」とこのイベントを企画。

堺シュライクスからは藤江均コーチ、中道勝士捕手、安田旺昌投手が出演。
そして・・・私が

もっとみる

【堺シュライクス】野井優星が遠征で得たもの

結果

5月29日に話を聞いてからほぼ1週間。

野井優星の昨年9月以来の代表登板機会は突然やってきた。

和歌山の遠藤智騎が初回に制球を乱し、3失点したところで緊急登板。
シュライクスでも緊急登板の機会が割と多い野井。大木に犠飛こそ打たれたものの、後続を断ち無失点。次の回も四球こそ出すも二死までこぎつけた。あと一人で3アウト。その相手となったのは上述のインタビューで出てきた安田尚憲だった。

もっとみる

【観戦レポート】千葉ロッテマリーンズ対関西独立リーグ 6・4

結果

関西独立リーグ選抜は4回に甘露寺(兵庫)、神原(堺)の四球からチャンスを作ると、渡邊(和歌山)の内野ゴロの間に1点を先制する。

8回、千葉ロッテマリーンズが2死から安田の二塁打でチャンスを作ると、バルガス、松田が四球を選び、代打高濱がセンター前へ逆転のタイムリーを放った。

そのままロッテが逃げ切り勝利。関西独立リーグは投手陣が踏ん張るも打線があと一本出なかった。

投手戦

先発は兵庫

もっとみる