1. 大学4年間じゃ足りないよ〜というおはなし

はじめまして!たきともと申します。
まずは簡単な自己紹介をさせてください💐

勉強や部活に打ち込んだりアイドルを推したりしながら、ちょっぴり田舎なところで高校卒業まで過ごしたのち
※アイドルに関しては話すと止まらなくなるので割愛させてください…!
上京して1年間の浪人生活を経て、晴れて大学生になりました。

現在は大学でおもに政治について学びつつ
つい1ヶ月ほど前からインターンも始めまして、

もっとみる

将来の夢なんて答えられるはずもない。

将来の夢ってなんだ。10年前の私からすれば今の私だって間違いなく立派な「将来」だ。

昔から自分の好きなもの・やりたい事を理解していたほうだと思う。沢山のやりたい!に優先順位を付けるのには苦労しても、「志望校どうしよう」「進路希望なんて分からない」と悩む友達が不思議だった。私の考えははいつも夢にしか向かっていなくて、そんな悩みを抱えたことはなかった。

物心ついた時からずっと変わらない夢を持ち、そ

もっとみる
次も「スキ」ボタン押してね
2

仕事と人生の狭間で悩む女性たちへ

女性が社会で仕事をする意義って何だろう――。ずっと働くつもりじゃないから仕事にそこまで真剣になれない。仕事は結婚するまでの腰掛けでいい。もしくは、仕事が好きだけど結婚・出産の可能性も捨て切れず、中途半端な気持ちで毎日を過ごしている。仕事と人生の狭間で悩む女性たちへ、私が見出した「社会で仕事をする意義」をお伝えします。

もっとみる
ありがとうございます😊
19

周りと比べたくないのに比べてしまって落ち込んだり、悩んで辛くて涙が出たり、走ってはぶつかり走ってはぶつかりで疲れてしまったり、そんな自分が今は嫌になるけれど、きっと未来の自分から見たら可愛くて愛おしいと思う。そう思うことで、諦めずに頑張って生きていこうって思える。

どんな風に頑張ればいいのかも、この頑張りに意味があるのかも、どこへ向かえばいいのかもわからない時がある。
分からないだらけの中だけど、一つはっきりと思うのは、「いつだって未来の自分が思い出して愛おしめる自分でありたい」ということ。

将来の話

最近のもりおんぬの脳内について書き記してみた。

悩める人々の思考回路の参考にでもなれば嬉しいです。

将来どうしよう
わたしは将来地に足ついた生活を安定しておくれているのか、
心身満足した充実が送れているのであろうか。

先のことがわからないから悩む
自分が今選択した会社、職業があっているのかわからないから悩む
若いうちに軌道修正しないと後々の戻り工数が莫大になる、早めに決断しなきゃいけない。

もっとみる

君が悪くないことで君には傷付いてほしくない絶対

「お前はブスのくせに」って言って
堂々といじめてきた
あいつらの顔が忘れられない。
「お前は美人だもんなぁ」って言って
散々セクハラしてきた
あいつの顔が忘れられない。

わたしの容姿がどうだとか、
一体何の関係があったんだろう。
わたしの容姿がどうだとか、
なんであいつらが決めたんだろう。
わたしの容姿がどうだって、
あいつらはわたしに
「こいつには何してもいい」って
決めつけてたんじゃないのか

もっとみる
読んで頂きありがとうございます。心に留まるものがあれば幸いです。
6

現役大学生が家無し生活!?@note始めてみました。

こんにちは(こんばんは)初めまして!

高知県出身、
岡山県の大学に通う、
現在東京にいることが多い、
大学生の東森フミヤといいます。

少し長い自己紹介なのですが、

2019年6月1日より家なし生活をスタートさせ、約2ヶ月(note記入時点8月)と少し経った岡山県の大学生です。現在は四国と東京を行き来しながら、主に住所はないですが(笑)7割は東京に住んでいます。

(※住民票の住所はあって完

もっとみる
おめでとうございます!
15

認知療法って何?:ブックレビュー

双極性障害に対処するために...「薬の服用と認知療法が有効ですよ。」
受診しているクリニックで、そのようなアドバイスをいただいたため、お勉強を。
ここでは、以前の記事で少し触れましたが、私が取り入れようと思った”認知療法”について、とても参考になった本があるので、レビューします。
精神疾患の治療に用いれられていますが、誰もが活用・実践できる方法です。

以前の記事については、こちら。

本について

もっとみる
リアクション、ありがとうございます!
5

天職の見つけ方・10年前、ビタミン漬けアラサーがピラティス指導者になった理由

こんにちは!

前回の続編です。

私は10年前、28歳のときに5年間勤めた広告代理店を辞め、ピラティスインストラクターに転身しました。

「この仕事をずっと続けられるのか」という体力的不安と、「自信のないすっからかんな自分」に将来的な不安を感じ、
「人の役に立ちたい」という想いと「健康的でずっと続けられて年々価値が上がる職種がいい」という想いで
ピラティスインストラクター資格をとりました。

もっとみる