愛する人のいる生活

高校時代に一瞬付き合っていた人が「ジャックスパロウになりたい」という理由で髭をかなり伸ばしてた

その人が今いなくても、その人へ想いを馳せる時がある。

恋愛至上主義な私は、一人の時も(仕事してる時も)大体その時好きな人かその時付き合ってる人のことを考えがち。
なんなら声出して名前呼んでる。というか、ひとりきりの時も一緒にいても名前呼んでる。意味なく呼んでるのわかってるのに、いちいち返事してくれる彼氏のことが大好き♡(と、同時にいつから無視されるのかヒヤヒヤしてる)

この間、彼氏の職場近くで

もっとみる

バイン・バイン・ボイン・バイン(歩く度にでかい乳が揺れる音)

だらしない体の女(推定30代半ば)がだらしなくスーツを着て改札に向かってだらしなく歩いてた。(バインバインボインバイン)

(こういう体型の女の彼氏は大体地味系なのにDV気質に見える男)
(そういう男の歴代の彼女はだいたいだらしない体の巨乳)
(自分の息子がこーゆータイプの彼女連れてきたら、「こいつ乳で選んだな」って思いそうだ)
(私、デブなのになんで乳ないんだろう…)
以上、私の脳内サミットより

もっとみる

親友に聞いてもらう私のセックスの話

1こ前と2こ前の続きです。

セフレくんと別れた後、失敗したなーという気持ちを抱えつつ、私は親友の元へ。
親友のお店にお呼ばれされていたのである。
(セフレくんからすぐありがとうの連絡来てほっとする私)

なんか知らない人もいたけど、和やかに進む時間。

やっと知らない人が帰って、晩ご飯食べよーとなり、ラーメンを食べる(控えめにいって豚)。おいしかった。

友達の部屋に戻って愚痴を聞いてもらう。

もっとみる