時間経つと大体のことはどうでもよくなる

親友に聞いてもらう私のセックスの話

1こ前と2こ前の続きです。

セフレくんと別れた後、失敗したなーという気持ちを抱えつつ、私は親友の元へ。
親友のお店にお呼ばれされていたのである。
(セフレくんからすぐありがとうの連絡来てほっとする私)

なんか知らない人もいたけど、和やかに進む時間。

やっと知らない人が帰って、晩ご飯食べよーとなり、ラーメンを食べる(控えめにいって豚)。おいしかった。

友達の部屋に戻って愚痴を聞いてもらう。

もっとみる