曲から想像

LOVE (1)

再会は、突然だった。
8月6日。甲子園が開幕したと朝からテレビで報道していた。
ひどく蒸し暑い午後だった。予想最高気温は三十八度だった。もっと暑いんじゃないかと、根拠もなく思った。
僕は彼女と池袋の水族館へ向かっていた。彼女の美穂とつないでいる右手が汗ばんでいる。
本当は、こんな暑い日に手なんかつなぎたくない。振りほどきたい気持ちを必死に抑える。
美穂は、依存するのが好きだった。そして、いつだって

もっとみる