森山良子

あの時の記憶

今朝も蝉の大合唱で始まりました。
「今日も暑いねー。」
「蝉たちは元気だなぁ。」

こざる達は 今日も、いつものように わいわいお喋りしながら、
朝ごはんの仕度をしています。

「昨夜も暑かったけど、りこちゃん、よく寝ていたね。」
「うん、熱中症も今のところ大丈夫だし、よかったよ。」
「でも油断しないで気をつけないとね。」
皆、うんうん頷きます。

特に高齢者は、脱水症状になると
生命の危険に陥り

もっとみる
どうもありがとうございます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
5

桜は桜、たんぽぽは たんぽぽ

今日、四月一日は、朝から青空です。
こざるちゃんは、お昼前に すぐ近くの八百屋さんに買い物に行って、
戻るところです。

  こざるちゃんは、こざるカフェへと続く 桜並木を歩きます。
「桜も、あと少しで満開だなぁ。」
桜を見ると、自然と笑顔になります。
「本当に桜は綺麗だなぁ。」
桜は青空に映えて、とても綺麗です。

 ふと足元を見ると、たくさんの小さな草花が咲いています。
「わぁー。」
こざるち

もっとみる
ありがとうございます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶今週の運勢は大吉です✨
8

正月に日本武道館に行った。
森山良子のパフォーマンスが圧巻でしたので、今度は彼女だけのライブを堪能したい。
清水ミチコの星野源の作曲法もよかった。

歌と 5

ぎゅうぎゅうの電車に揺られる金曜の23時半。隣の席の男性は、発車して早々に豪快ないびきをかき始めた。わたしはイヤホンから流れる音楽のボリュームをあえて少し下げて、みんながこのBGMをスルーしている車内の空気を内心面白がりながら、平然とした顔を保っている。マフラーをしていてよかった。だって、うっかりしたら思わず吹き出してしまいそうだから。たまに、たまーに、いびきのリズムを変えてくるのよね、お隣さん。

もっとみる

箱入り息子の恋

こむです!これは、市役所に勤務する
彼女いない歴=年齢の35歳男性と目の不自由な女性との恋の物語ですww

親同士が代理見合いをし、主人公が実際に会う以前、
雨の日に傘を渡した女性がww

そんな偶然、物語の中だけでしょうが。

話の流れとしては、
女性の方の父親に反対されても
付き合い始めて、苦難を乗り越える展開です。

話としては、
よくありそうな感じですが。

キャストが凄いんですよね~

もっとみる