歌詞から想像

LOVE(2)

菜々子と再会して、1週間が過ぎた。
僕は、あの時の興奮がようやく治ってきていた。こんなに自分が動揺するとは思わず、驚いた。
菜々子とは、何もなかった。それは本当だ。
ただ、僕が一方的に憧れていた。だから、美穂に対しては少し後ろめたかった。
菜々子は、クラスの男子の高嶺の花だった。目鼻立ちがしっかりしていて、美人な上にスタイルもいい菜々子にだれもが目を奪われ、あわよくば彼女にしたい、と狙っていた。

もっとみる