歴史と人物の研究

言葉の力

昭和歴代首相の指南役を務めた東洋思想家、尊敬してやまない安岡正篤先生の言の葉です。
『歴史と人物の研究、これを徹底しなければ、人間の見識というものは磨かれない』
温故知新、昔のことを調べて、そこから新しい知見や見解を得ること、歴史も、文明も、文化も、それぞれが積み重なって新たな方向に向かうヒストリカルチェーンなのだと思うのです。