漫才ファン

#オチが綺麗な漫才がみたい 運動参加者募集中!

いつからか漫才のオチがどんどんと弱くなり,最近ではオチがない漫才も増えています。でも,「オチが綺麗な漫才がみたい」と思っている人はたくさんいます。モーメントでまとめてみました。

ところが漫才師のほうは,「漫才は落語じゃないんだから,そこまでオチにこだわらなくてもいい」と考えるコンビが増えています。その結果,オチがない漫才が増えてしまっているわけです。

「綺麗なオチをつけるのはかなり大変」という

もっとみる
毎日道端に落ちているネタを拾っては落としています。それがオチ屋です
7

ストーリーがあってオチが綺麗な漫才を書き続け,漫才作家だけで食べていくためのプラン

今や職業としては消えつつある"漫才作家"ですが,わたしは「漫才作家だけで食べていこう」と本気で思っています。そのための具体的なプランを書いてみました。

ストーリーがありオチが綺麗な漫才台本を書き続ける

▶︎漫才作家だけで食べていくための基礎であり大前提となるのは,「ちゃんとしたオチがある完成度の高い漫才台本を書き続ける」ことです。「新ネタ」だけでなく❷❸❹の3つの方法をバランス良く活用すること

もっとみる
オチは落としたいタイプですが,落し物は拾いたいタイプです
19