物によってはアナフィラキシーショックを起こします

身近なアルコール含有食品・飲料・その他

昔、すごく身近な方が、アルコール摂取によるアナフィラキシーショックにて救急車にて運ばれるということになってしまいました。

本人によると、もともとアルコールに弱いのは自覚があったので、アルコールの摂取量は少なく梅酒をせいぜい10mlくらい(それを水に割って飲んだ)だったとのことです。

そんな少量でも…と少しびっくりしてしまいました。おそらくエタノールの実質量は1−2g程度多くて数gといったとこな

もっとみる
山口県のガードレールはオレンジ色(夏みかん色)
7