[note毎日更新チャレンジ7日目]ポン酢をかければ大体のサラダは美味しい

ここ最近、といっても2017年頃からかサラダがブームである。

僕は子供のころこのサラダというやつが苦手だった。野菜だからね、分かる分かると言いたいところであるが、給食でサラダを食べたときからサラダが好きになった。

何が違うかというと給食には中華ドレッシングがでてきたこと。これには衝撃を受けた。

実家はいっつもフレンチドレッシングだった。ドレッシング=フレンチドレッシングだったし、スパゲッティ

もっとみる

レタスをちぎっただけなのに

ピーターラビットかな?っていうくらい無限にグリーンサラダを食べたくなる 人参ドレッシング

【材料】

人参 1/2 本 (すりおろす)
玉ねぎ 1/4 個 (すりおろす)
オリーブオイル 100ml
リンゴ酢 50ml
(マザー入りが好ましい。好みのお酢でよいが、穀物酢以外推奨)
塩 小さじ1/2 杯
(控えめにしておく)
はちみつ 小さじ2〜大さじ1杯
(人参や玉ねぎの甘みによるので、最初は

もっとみる

自家製ドレッシング効果

少し前まで、私の朝ごはんと昼ごはんは大変貧しいものでした。

家族が朝ごはんを食べてる時はお弁当作りがあって、みんなが出た後にのんびり食べるのですが、基本残りもの。昼も残り物のさらに残り物。笑

私、誰かの為にごはん作るのはあんまり苦にならないんですが、自分のために頑張るのが苦手でして。

一人暮らしとかしたら途端に荒むタイプです。セルフネグレクト予備軍ですよね。

でもある日、
契約農家さんから

もっとみる

【超健康的レシピ大公開!!】細胞が喜ぶBLDAプレートを食べてみた~特別出張編~

健康討論バラエティ
GODTALE~神のみぞ知るお話し~
tale.42:細胞が喜ぶBLDAプレートを食べてみた~特別出張編~

今回のGODTALEは特別出張編。
健康美容家の川原愛子氏特製、細胞が大喜びするプレートランチを神尾が食レポします!
誰でも簡単に作れるドレッシングや、白米ではなくタイ米の方が良い理由など、絶対に知っておきたいプチ知識が盛りだくさんとなってます。
さらには川原さんが最近
もっとみる

ドレッシング

どーーもーーーバァン
どーーもーーーイェイ

どーも!神保町クラッシャーさぶことさぶです。もう夏です。暑すぎ。半袖半ズボン。



 ナショグルボーダー部の一員安藤を回収して練習会。安藤はベロベロだったが、何故か調子が良かった。わいも調子が良かった。二人とも割りとオーリーの完成が近づいているように思う。後は着地の完成度と、ものを越える練習ですね。カラーコーンを横にして飛べたら一人前らしい。さあ練

もっとみる

直江屋源兵衛 加賀野菜金時草ドレッシング | 石川県金沢市のお土産

醤油処直江屋源兵衛の加賀野菜金時草のドレッシングです。

綺麗なピンク色のドレッシングになっております。
金時草とは加賀野菜のひとつで、ビタミンA、鉄分、カルシウムを多く含む夏の健康野菜です。
また茹でるとぬめり(粘り)が出るのが特徴です。
味は比較的あっさりとした風味で、酸味が強めでしょうか。
何より色が綺麗なので、サラダなどにかけるだけで綺麗にまとまります!

公式サイトはこちら!

もっとみる

ヨーグルトハーブ・ドレッシング

〈作りやすい分量〉
プレーンヨーグルト 大さじ4
オリーブオイル 大さじ11/2
玉ねぎ(みじん切り) 大さじ1
レモン汁またはお好みの酢 大さじ1
塩 小さじ1/3
砂糖、こしょう 少々
タイム、オレガノ 適宜

材料を全て混ぜ合わせる。

お好みの野菜のほか、フルーツ、サラダチキンやゆで卵などにもよく合います。

#料理 #レシピ #サラダ #ドレッシング #朝ごはん #ランチ #ハーブ

もっとみる

青山のファーマーズマーケット@UNUで推しのアイテム

2019年ゴールデンウィークの4/28(日)に、青山のファーマーズマーケット@UNUに行ってまいりました。

毎週土日に開催されるマーケットで、獲れたての野菜や果物、ピクルスやジャム、雑貨等のお店が並び、大勢の人でにぎわっています。

そんな中で私の一押しのアイテムを2つご紹介したいと思います。

まず一つ目はゴールデンマスタード!

両方味見をさせてもらいましたが、薄い色の方がさっぱりとしていて

もっとみる

"逆境から生まれた商品を通し、新しいお花の価値を知ってもらいたい"悠木農花 代表 鈴木義啓さん

お花を愛し、お花の新しい価値や魅力を追究されている、”鈴木 義啓さん”にお話をお伺いしました。

鈴木 義啓さんのプロフィール
出身地:東京都小平市
活動地域:長野県佐久市
経歴:2004年、Suki Flower Farmを開設。創業当初より自然と共生した「本当にやさしい花」にこだわり、土の力を最大限に活かした花づくりに没頭。その後、農薬や肥料に頼らない自然栽培の花作りに至る。
現在の職業

もっとみる