独りよがりさんと自己満くん

独りよがりさんと自己満くん

※TOP画出典:コンフィデンスマンJP 運勢編

どんなにいいものを作っても
それの存在をアピールすることをしなければ
それは誰も気づかない

古本屋で陳列されずに段ボールにしまわれている本と変わりない

読めば個性的で面白いと思える本だとしても
客の目に留まることはない

『いいものを書けば(作れば)
 いいものを提供すれば
 ファンや客は自ずとついてくる』

そう思いたいのはわかるが
それだけ

もっとみる