組写真がおもしろい

ちょっと前から組写真というのを試している。もともと去年の終わりくらいに、好きな写真家の保井崇志さんが始めていて、それがすごく良かったので自分もやってみたいなあと思ってた。

実際に作った作品は↓みたいな感じ。

これは先日京都の先斗町から花見小路を散策したときの写真を組んだもの。1枚の写真を単体で見せるよりも、散策全体のイメージとか雰囲気をとても伝えやすい。

それに見ての通り、単体では大して面白

もっとみる

デザインのレッスン10-「携帯のカメラで心にきらりと光るものを撮影する」

僕「みんな携帯持ってるよね」

学生A「はい」

僕「携帯にカメラ付いてるよね」

学生B「はい」

僕「じゃあ、高性能カメラを持ち歩いてるのと同じだ」

学生A「え、あ、はい」

僕「これから1週間、毎日、
学校の行き帰りにきらりと光るものをたくさん撮って」

学生A「きらりと光るものって何ですか?」

僕「人でも、風景でも、何でも。
自分のハートにひっかかるものって解釈して」

学生B「なんか

もっとみる
スキが励みになります。また読んでくれると嬉しいです!
1

毎日更新中の組写真シリーズ『小さな風景の中で』は、No.50で終了しフォトブックの制作に移ります。また、これまでの制作を通して考えたことの文章化にも力を入れます。『小さな風景の中で』は下記URLからご覧ください。

https://note.mu/starfield_archi6/m/md88503abe5b4