【ことば】 あなたの好感度 【イラスト】

「バイト先の人がとても怖くてね。ぼくは毎日彼女の機嫌を損ねないような会話を心がけている」

「それはつらいね」

「まるでギャルゲーだね」

「楽しそうだね」

noteを読んでもらうためのタイトル決定法

noteを書くときあらかじめこれを書こうと決めておくことはあまりない。いい加減に書き始めてから勝手に方向が定まっていく。

前にもそんな話を書いたかもしれない。いい加減に書いているので特別な思いとかやる気みたいなものはない。やる気もないので書いた内容なんてほとんど覚えていない。タイトルを見ても内容が全く思い出せない。

前はタイトルもいい加減に決めていた。どうせ読むのはぼくの書く内容の方に興味のあ

もっとみる