薩摩川内市

河童の町

K県S市は河童の町であります。

 昔むかし「大政翼賛会」という機関がありました。それは神様を中心にすえた体制のもと、自由を抑圧するためにつくられた超国家主義的機関でありました。

 この機関のもとに、我が国は原論や出版や表現の自由を統制しましたが、そんな機関に反抗した一人の河童が、ここK県S市におられます。

 河童の職業はジャーナリストであり、河童が創刊した雑誌の名を『改造』といいます。『改造

もっとみる

鹿児島の薩摩川内は、カッパの町。
至る所に、いらっしゃる。
コチラはモナカ。
会いたいのに、会えないカッパさん。つれないなー

【薩摩魂が生んだあきらめないホッケー選手の話】

こんばんわ

先日の鹿児島遠征で鹿児島について
刺激の受けた話があったので
テーマにしてみようと思います

鹿児島県といえば、2013年の東京国体の優勝県
優秀な選手を何人も排出している
九州を代表するホッケー大国です

そして、来年2020年は
「燃ゆる感動かごしま国体」です

鹿児島は国体開催に向けて、
更に熱が加わっている状態です

積極的に有名選手を呼んで
ホッケーイベントを開

もっとみる

鹿児島県薩摩川内市の空模様です。風雨が強まってまいりました。しかしまだ台風感はそれほどではありません。でも積極的に出歩くのは十分に億劫になるレベルです。ああ、お店をやってた頃を思い出すなぁ。天気が即売り上げに影響したものです。お店をされている方、今日明日の売り上げは諦めましょう。

離脱します。今日は珍しく飲みに誘われています。鹿児島デザイン界の重鎮の方です。でも、全然緊張しない人です。(だから行くんです)サシ呑みは久しぶりだな。
こっちの方が川内市内には詳しいので、ご案内しなくちゃならない。どこに行くか。