馬単

中京記念コース特性について(中京芝1600m)

中京記念コース特性について(中京芝1600m)

1~2コーナー間の引き込み線からのスタートで東京芝1800mのコース形態に似ている。ホームストレッチの長さは412.5m、直線に向いてすぐの地点に勾配2%の急坂がある。2コーナーまでの距離が短く、逃げ、先行馬が外枠に入ると馬群が密集した状態で激しい先行争いが展開される。向正面半ばから直線の入り口にかけて高低差約約3mの緩やかな下り坂。直線に向くとす

もっとみる
みなさんの『好き』が励みになります!ありがとうございます。
8

<函館記念2019 血統情報>

<函館記念2019 血統情報>

【1レッドローゼス】
ステイゴールド産駒。母の父ガリレオ。
ステイゴールド産駒なので函館小回り、力の要る洋芝へ適性は高い。母リヴィアローズはガリレオ×Nashwanは欧州スタミナ・パワーの血脈が濃く流れている。5歳にして重賞初挑戦となるのはステイゴールド特有の成長力豊富な血統からきていると思われる。

【4マイスタイル】
ハーツクライ産駒。母の父フォーティナイナー

もっとみる
みなさんの『好き』が励みになります!ありがとうございます。
10

<函館記念2019 コース適性情報>

<函館記念2019 コース適性情報>

【3ブラックバゴ】
函館芝2000mは2戦1勝。約2年間勝ち鞍がないが、芝2000mは3勝を挙げてる得意距離。13日の土曜は雨予報、14日まで時計の掛かる馬場になっていれば大穴1発の可能性があるかもしれない。

【4マイスタイル】
函館芝2000mは2戦2勝でコース適性の高さは証明済。前走巴賞(函館芝1800m)は馬体重が18キロ増加しての太目残りで9着に敗

もっとみる
みなさんの『好き』が励みになります!ありがとうございます。
8

<やまびこステークス福島11R本命・対抗・穴馬>

<やまびこステークス福島11R本命・対抗・穴馬>
2019年7月13日の正午の受け付け分まで無料予想配信間に合います。
【◎本命馬】⇒【無料メルマガで配信】
【〇対抗馬】⇒【無料メルマガで配信】
【▲穴馬】 ⇒【無料メルマガで配信】
無料メルマガ→ https://goo.gl/NWnxsF

みなさんの『好き』が励みになります!ありがとうございます。
14