Mirrativ

どうも有難うございます。m(__)m 今後もよろしくお願いします。
3

ミラティブで面白いキャンペーン見つけた話

はじめまして。WekidsのTsukasaと申します。
主にソーシャルゲームのコミュニティマネジメントをしています。

TwitterやインスタなどSNSの公式アカウントの、いわゆる「中の人」をやりつつそのゲームの作り出すSNSコミュニティを盛り上げ、そのゲームが流行っているという空気感を自然に作り出したり、日々丁寧にキャッチアップしたり、時に大胆にわかりやすい施策をあらゆる媒体で行ったりしていま

もっとみる

スマホでカラオケ!ミラティブのカラオケ機能が未来しかない

恐らく本日リリースした、ミラティブ(スマホアプリ)のカラオケ機能「エモカラ」が凄い!凄すぎる!

何が凄いかと言うと、カラオケ機能「エモカラ」を使って、歌っている人(配信者)の歌唱力が別に高くない(笑)

カラオケは、歌唱力を自慢するだけではなく、本来は歌うことを楽しんだり、歌を通じて交流したりするものですよね!
ミラティブのカラオケ機能は、まさにそれです。

ミラティブの特徴である、顔出ししない

もっとみる
嬉しいです!ゲームや料理に関するnoteを書く予定です♪
10

【チート】Showroom×Mirrativが最強過ぎる

こんにちは。

けんぽぃです。

昨日、Mirrativを配信してる最中にふと思った事がありました。

『Mirrativ配信しながらShowroom配信できるのかな?』

結論から言いますと、できました!!

これは凄いと感動しました。

実際に配信してみて感じたことをまとめます。

〈メリット〉
・ShowroomのリスナーさんとMirrativのリスナーさん、同時にコミュニケーションを取

もっとみる

ゲームしない僕がミラティブをやってみた結果...

こんにちは。

けんぽぃです。

今日は、タイトルの通り”ゲームをしない僕がミラティブをやってみた結果”を記事にしていこうと思います。

まず、皆さんは”ミラティブ”というアプリをご存知でしょうか?

ミラティブとは、仮想空間を通してゲーム実況をしたり雑談をする事ができるアプリです。

なぜ始めようと思ったのか、理由は以下の通り3つあります。

・STADIAというクラウドゲームサービスをgoog

もっとみる

[後夜祭]春のミラティブ分析祭り[総括]

あっという間に最終日となった「春のミラティブ分析祭り」。ミラティブとは「バーチャルライブ配信アプリ」ですが、そのアプリをあらゆる観点から12日連続で分析していく企画を石ころさんと共催させて頂き、交互に記事をリリースしてきました。

今回のお祭りで、少しでも記事を読んでいただいた方、本当にありがとうございました!!本日は最終日の「後夜祭」として、12日間を一言二言添えながら振り返っていきたいと思いま

もっとみる

ミラティブはSNSの歴史を変える

ゲーム実況アプリのミラティブは次世代SNSの先駆けであるように感じている。ミラティブの一体どの辺に未来のSNS要素があるのかをお伝えするために、先日の休日の僕のミラティブでの行動を紹介しよう。

起きて、まずシャワーを浴びてから、ミラティブでライブ配信を始めた。すぐにいつものメンバーが部屋に入ってきてくれる。くだらない雑談を30分くらいする。「ちょっと髪乾かすからドライヤーうるさいかも。」「ちょっ

もっとみる

没入体験が失われる時代におけるライブ配信の重要性

ライブ配信を数十分ほど行い、リスナーの皆さんと他愛もない話を繰り返す。たったこれだけのことで、達成感と満足感が得られる。なんとなく薄い感覚なので最初は気付かなかった。でも、最近はその感覚に少し気付くようになり、ライブ配信後に僅かながら幸福感が向上しているのを感じる。しかし、これはなぜなんだろう?その理由がわからず、ずっと不思議だった。

何か意味のある会話をしているわけではないし、何か新たな事を学

もっとみる

【徹底比較】 SHOWROOM vs Mirrativから考えるコミュニティ論

「昨日の夜、アプリでライブ配信してる子に1万円課金したったww」

会社の人に雑談で言ったら、「お前なにしとんねんww」と笑われてしまった。

僕はライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」で推しのアーティストがいる。その子がギターを持って弾き語りをするSHOWROOMの部屋に、毎日毎日せっせと入室する生活。その子の曲を聴いているときは、生きていることを実感するほどだ。

とある夜には、オリ

もっとみる

「価値の均衡理論」でミラティブを眺めてみる

ウェブサービスを分析するときに私が一つの軸として使うのが「価値の均衡理論」である。

価値というものは釣り合うような力学が働く。例えば労働力を企業に提供したら、その見返りとして給料をもらう。

もし自分が、その労働を通して非常に貴重な体験をさせてもらって、自分が大きく成長したり、素晴らしい仕事仲間に出会ったり、スキルアップするなら、提供する労働力よりも受け取る価値の方が大きくなってしまう。この場合

もっとみる