RENO

南へ

コンコンコン。
普段ノックされることなんかないコテージのドアが鳴った。
開けると今回のオフサイトのコーディネートをしてくれている「コーリー」がいて、すでに嫌な予感。

大雪で道路が閉鎖されて迎えが来られなくなった。すなわちRENOに帰れるのは明日以降、と。

ええ〜・・・と思ったけれど。試されてる〜とも思い、まあ仕方ないやと、のんびり過ごそうと決めた。その後状況が変わり、シャトルが出発できたと予想

もっとみる
嬉しいです!

Nevada の Renoへ

Renoというネバダの街に出張で行くことになった。
いったいどこにあるんだろうと思って調べると、シェラネバダの右側、冬にシェラの山々が雪で閉ざされてしまうとずいぶんと遠い場所にあるというのはわかった。

羽田発のアメリカン航空に久しぶりに乗る。
アメリカンは全体的なブランドデザインの方向性が好き。モニターにはキャビンアテンデントが載っているのだけれど、同じ顔かと思っていたら、見渡す限り違う人の写真

もっとみる
嬉しいです!
2

2018/11/23 MASAKIデビュー25周年記念ライブ~阿~@初台DOORS

地獄カルテット

さすが先生集団というかんじで、めちゃめちゃ演奏がシュアなのに、VoのNOVが清々しいまで滑り散らすので大爆笑してしまった。小林信一はスッ…としてるし、SadsのGOはニコニコ。

閣下の「SAMIDALE」をNOVがカヴァー。閣下のコーラスは使用許可を得たとかでシーケンスで入ってました。「グハハハ、お前も…」って言いかけて「関係者がいっぱいいるんでやめてください!」って制されるN

もっとみる

プロダクトローンチ1ヶ月の功罪②

前回のエントリー「プロダクトローンチ1ヶ月の功罪①」ではSCOUTERリリースから1ヶ月でやって良かったことを簡単にまとめた。その後、IVS Launch Padに出場したことや、新たなリリースに追われ、40日も間隔が空いてしまったが、功罪の罪について本エントリーで思い返そうと思う。

取り組んで良かったこともあれば、予想に反して悪い方向に行ってしまったことも当然あるが、それはあくまで結果論であり

もっとみる

プロダクトローンチ1ヶ月の功罪①

初回エントリーが想像以上の反響があり始めた甲斐を少し感じてます。今回はリリース後の内部の動きについて書こうと思い、画面に向かっています。

前述の通り、SCOUTERは11月の着想から約4ヶ月の開発期間を要しました。同様のサービスが日本にはないことを考慮し、開発に際しては必要最低限の機能=MVPを定義しスタートしました。MVPはみなさんご存知、著エリック・リース「リーン・スタートアップ」に下記のよ

もっとみる

SCOUTERを始めた3つの理由

ついにblogを始めましたRENOの中嶋です。RENOという会社を大学3年で始め現在に至ります。

まず今僕らが何をやっているかについて簡単にご説明します。

SCOUTER

端的に言うと、ユーザーさんにヘッドハンターになってもらい、求人にマッチした人材を紹介してお金がもらえるサービスです。

転職者、紹介者それぞれに転職後の年収の5%を報酬としてお渡ししています。

海外には既に大き

もっとみる