伝えたいことを、伝えること。

銀座ソニーでの写真展が明日でようやく終わる。

この記事は写真展が終わったあとになぞなぞの答え合わせのように公開しようと思っていたのだけど、イタズラをしたときについつい犯人であることを名乗り出たくなるようなぼくの性格が、仮病を使って休んでいるのにも関わらずいまパソコンに向かわせている。

2週間の写真展はおかげさまでとても盛況だった。
具体的な数字を公表することはNGなのだけど、かなり多くの方が来場してくださった。いぜん新宿のニコンで個展をしたときの一週間の来場者数が土日は一日で来場している状態だ。(けっして新宿のニコンで人が来なかったわけじゃないよ。)

カメラメーカーのギャラリーは立地や展示環境がいいので黙ってても多くの集客が見込めるという最大のメリットがある。しかしその黙っても集まるお客さんがじつは最大のデメリットでもある。

カメラメーカーのギャラリーは修理受付や製品のショールームを兼ねているので、カメラマニアが集まりがちで、機材の質問という非常につまらない質問で消耗するのだ。

写真展は機材の魅力を伝える場ではなく、写真を通して伝えたいことを伝える場だ。伝えたいことを感じてもらえるように、誘導していることを気づかれずに誘導するのが展示だ。

会場入り口にある文章はステートメントというものなんだけど、ステートメントには声明文という意味がある。ぼくは作品を世に出すときは一種のテロだと思っている。

テロをした理由を伝えるのが犯行声明文だ、無差別テロの犯行声明文に“今回の無差別テロにはAK-47に30口径の弾を使用しまして…。”と銃器の話にはならない。

このステートメント、声明文、伝えたいことが一番大切なのだ。

家族づれや子どもが多い写真展会場だ、子どもから大人までたくさんの人が来てくれた。もうすぐ結婚するんですというカップルもたくさんきてくれた。

今回の写真展は来場者が多いことに加えて、来場者の質がカメラマニアでないことがありがたかった。毎日たくさんの人と会話をしたけど、機材の質問をされたのはたったの1回だけだ。

メッセージカードやSNSを拝見していると人生で初めて写真展に来たという人、飛行機や新幹線、夜行バスを使って遠方からこの写真展のために来たという人が少なくない…というか結構いる。本当にありがたい。

“ 子どもが小さい頃を思い出しました。”
“ うちの子どもも同じことをしています。”
“ 子どもの頃に父が撮ってくれた写真を見たくなりました。”
“ はやく家に帰りたくなりました。”

質問ではなく、自分の感情を感想にしてくれている人を見かけると、伝えたいことがうまく伝わっていると実感する。

ぼくが息子に伝えたいことは、ぼくが存在して息子を愛していたという事実だけど、写真展に来てもらったお客さんに伝えたいことはまた別にある。

“優しい写真”というタイトル、これには3つの意味をこめた。

ぼくにとっては息子の名前である“優の写真”という意味。
息子にとっては“父親の優しさ”という意味。
写真展に来てくれたお客さんには“写真って簡単で優しいんですよ。”というイージーという意味の優しさをこめた。

写真というのは車椅子になろうがガン患者になろうが、シャッターを押せば撮れる。
でもそう思うのは写真家だからですよね、と言われるとこちらもあまり言い返せない。

DMと写真展の最後の写真を妻が撮影した写真にしたのは、うちの妻は普通の主婦だけど写真って簡単で優しいから誰でも撮れるんです、と伝えるためだ。

写真にうつしたぼくの息子を微笑みながら見てくれる人が多いのだけど、じつはうちの息子がやっていることなんて、50年前の子どもも同じことをしていたはずだし、50年後の子どもだって同じことをしているはずなんです。
あなたもしていたはずなんです。

子どもって怒るし喜ぶし、緊張するしイタズラも挑戦も失敗もする。
でもみんなポーズをとらせて子どもの笑顔を撮ろうとするんだよね、ぼくはあまりそれがいいとは思わない。

日常的に視覚としてみて記憶しているものを、撮った方がいいとぼくは思うんです。だからスタジオ写真館で着たこともない服をレンタルして、関係性が何もない撮影者が撮った写真に魅力を感じない。

友達とどこかに遊びにいったり、食事した写真をSNSにアップできても、10年前の自分の成人式の写真をSNSにアップできる人どれくらいいますか?

ぼくは10年後にもみれる写真がやっぱりいいと思う。そうではない写真に何万円も何十万円もかけることはないと思う、撮影を受注する人間はその価値を出せなければいけないと思う。

10年後に家族でみれる写真を家族で撮るのっていいっスよ。
という提案をした写真展でした。

ぼくは山生まれ山育ち、山っぽい人はだいたい友達だから銀座みたいな場所が少し苦手だったのだけど、銀座に通って毎日いろいろな人と話していると銀座が好きになってきた。

人って好きなものしか写真を撮らないんです、嫌いなものをわざわざ撮らないの。
スマホにメモリーされた写真を見返してください、自分の好きなものだらけでしょ?その好きなものは他の誰かが嫌いかもしれないけど、自分の好きな気持ちを大切に。

写真展会場でお客さんと話していると、息子がかまってほしいのかぼくの足にまとわりついてきました。写真展が終わったらすこし息子をかまってあげようと思います。

息子が長靴をはいているのは雨だからではなく、ぼくがブーツをはいているからです。

いよいよ最終日、仮病を使って休んだので最終日は在廊します。

幡野広志写真展「優しい写真」
銀座プレイス6階 ソニーイメージングギャラリー
11月15日まで11:00-19:00

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされた資金で新しい経験をして、それをまたみなさまに共有したいと考えています。

611

幡野広志

#育児 記事まとめ

妊娠から出産、子育て、教育についてなど、noteに投稿された育児系の記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。