樹木希林さんのこと

 樹木希林さんが亡くなったと聞いて、大したことじゃないけど、ちょっと書いておこうと思う。

 私が音楽評論家・湯川れい子さんの事務所でアシスタント・バイトをしていた時代、色んな人がやってきたり、電話をしてきたりして、実に多くのいわゆる「有名人」という人と話をする機会を得た。その一人が樹木希林さんで、もう30年ぐらい前のことだ。

 湯川さんの息子が当時夏になるとアメリカの少年少女対象の「サマーキャンプ」なるものに1か月とかそれぐらい行っていた。少年少女たちが共に夏にキャンプをし、あらやだ、ハリウッドの青春映画みたいだわ、なシチュエイションだと想像する。主演はマット・ディロンでお願いします。

 で、そのキャンプ地がどこだったのかはまったく忘れたけど、そこに樹木希林さんの娘さん、今思うと内田也哉子さんだったわけだが、彼女がどういういきさつだか、同じサマーキャンプに行くことになり、そういうとき湯川さんは俄然、姉御肌を披露したくなるタイプだから、いいわよ、私が手続きやってあげるから、という感じで色々請け負ったようだ。

 とはいえ、例えばキャンプ地へ荷物を発送する手続きあれこれとか、何やらあれこれファックスするとか、実際にやるのは秘書である私。クロネコヤマトの海外便だったのかなぁ?色々調べて、湯川さんの息子の分、内田さんの分、と両方を送ったり、なんだかんだした。

 で。普通ならそれで「湯川さん、ありがとうね」で終わり、私の影など一分も見えないものだけど、樹木さんは違った。サマーキャンプに也哉子さんが無事に旅立った後だったか、事務所に電話をしてきて、最初は湯川さんがしゃべっていたものの、急に湯川さんが「樹木さんが和田と話したいと言ってるのよ」と言って電話を代わるように言う。えっ? 私? なんで?と思って電話に出ると樹木さんが「和田さんですか? 今回は荷物の発送をありがとうございました。面倒なことをお願いしてしまい、すみませんでした。本当にありがとうございます」という。頭の中にリンゴ殺人事件~~~♪がたちまち流れだし、ジュリーって身悶えする姿が浮かんだが、実際の樹木さんはなんと義理堅く、そして実のある人だろうと、私の方が身悶えした。

 電話を切ってから湯川さんが「荷物を実際に送る手配をしたのは湯川さんじゃないでしょう?秘書の人でしょう?その人は誰?代わって、って言ったのよ」という。そんな人は後にも先にも樹木さんだけだった。色々な人の色々なこと。。。例えばコンサートのチケットを取るとか、何かのお祝いにお花を贈るとか、何か特別なものを買ってきて送るとか。湯川さんに頼まれたこと、湯川さんが請け負ってきたこと、あらゆることを湯川さんの名前で様々しても、みんなお礼は湯川さんに言う。当然だ。それがアシスタントの仕事だから。アシスタントは黒子だ。湯川さんがみんなに好かれ、喜ばれるために働く。でも、樹木さんは、そのアシスタントにまで気を使う人だった。いや、アシスタントにこそ、気を使う人だった。

 その後、雑誌のミュージックライフの古いのを読んでいたら、樹木さんが悠木千帆の名前でガールズロック・バンドについて原稿を書いていたを見つけた。なんだかもっと好きになった。
(↑ ってこれ、私の思い違いだったみたいです。記事を書いていたのはゆうきちよ、という女性ライターさんだったよう。ごめんなさい! でも音楽誌で出ていた気がして、う~んう~ん。。。往生際悪いのでまた調べます)

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読者のみなさまからの温かいサポートを随時お待ちしております。よろしくお願いいたします。ぺこり。

シェア一瞬感謝一生でございます!
161

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント4件

素敵な記事、ありがとうございます。
日々、たくさんの方々が亡くなりそれをニュースで見たりしますが、今回の樹木希林さんが亡くなったニュースは、いつもとはちょっと違った喪失感がありました。
もちろん、お目にかかったことなど一度もありませんが、時折テレビなどで見る彼女の人柄、生き方に惹かれていたからだと思います。

自分がお世話になった人の「向こう側」にいる人にも心配りをするのって、なかなか難しいことです。この記事で、樹木さんの素敵な一面を知ることができました。
少しでも近づけるように、毎日意識して生きていこうと思います♪
fukuzoさん、コメントありがとうございます。こうした細やかな心配り、あれだけ有名な方でお忙しく、大勢の人に関わってる方でありながら出来ると言うのがスゴイことだと思います。本当に素晴らしい方だったんだなぁと私も思っております。
拝見させてもらい。
とてもなんだか、いい時間をおすそわけしてもらった感じです。
ありがとうございました。
今ごろこのコメントに気付きました。うっかりものでごめんなさい。半年後のありがとうございます、です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。