言葉を紡ぐことは人生を語ること

最近ではランサーズなどでもご依頼を受け、執筆させていただくようになった。

そこでは、クライアントの期待にあった(指示された)文章を作る。

当たり前なことなんだけど、やっぱり自分の言葉で文章を作りたい。
誰かのオッケーをもらうのではなく、自分の人生を紡ぐような文章を書きたい。

noteやブログを始めたばかりの頃は、そんなことを考えたこともなかった。

その日におもしろいと思ったことを書いたり、どこかバズを狙ったことを書いたり。

空の色が毎分変わるように、今日の記事を書き終わると、明日流行りそうなものを探していた。

情報が早い時代だからこそ、みんなが知りたい事を記事にする。

それは現代のブロガーやエッセイストが持ち合わせなければいけないスキルなのだろう。


しかし、自分の人生を紡ぐ瞬間にくらべれば、ネットや書籍で調べたことを文章として生み出すよりも、楽しく充実感を覚える。


自分の人生は自分だけのもの。

だからこそ、誰にもマネできない純度100%の文章を作ることができる。


依頼された文章を書くこともとても楽しい。


だけど、ちゃんと自分の人生を紡ぐための文字起こしもしていかないと
どこにでもあるような文章になってしまう。


本当のオリジナリティっていうのは、「誰かのマネをしない」だけではなく
「自分の轍に沿った文章を作り上げること」
なんじゃないかな、なんて感じています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

トラのエッセイ

トラが書きたいことをまとめています。 基本的にはハッシュタグが 「エッセイ」になっているものを収納します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。