見出し画像

もしも写真の本をつくるなら

長文を書くのが苦手なので、架空の本の目次だけ考えてみました。

はじめに

1.カメラ

- スマホでじゅうぶん
- 10枚しか撮れないカメラがある
- フィルムとデジタルの使い分け

2.視点

- ロケハンはしない(決めないということ)
- 世界とどう向き合うか
- こうあってほしい、という祈り(現実である必要はない)
- 恣意性とのジレンマ
- 気付きのスイッチを入れる
- みんなと同じものを撮るほうが難しい
- 心に残らない写真を残す
- 想像の跳躍力
- 共通の記憶と経験(社会性の獲得)
- 『ハルとミナ』における表現

3.距離感

- 主観と客観のあいだにあるもの
- 好きだからこそ離れる
- ある一定の範囲で撮る
- 『DISTANT DRUMS』における表現

4.カラー&トーン

- カラースキームの発見と構築
- ラボマンとのコミュニケーション
- 表現によってチューニングする
- nguanの『Singapore』における表現

5.時空と知覚

- 未来から現在を見る
- 見えない感覚を呼び起こす
- 「もの」より「こと」を写す

6.写真の寿命

- 長生きする写真とは
- フィルムで撮ってプリントする意味と価値
- 100年後に見つけてもらう

7.写真比較文化論

- 西洋人と東洋人とでは世界の見方が違う
- 生物学的(目や肌)背景が生む視覚差異
- 地理的(気候や光)背景がうむ視覚差異

8.SNS

- 誰も知らないインスタグラムの話
- 数の魔法と呪い
- プラットフォームの再解釈と再定義
- もしもSNSがなかったら

9.写真集

- コントロールできる唯一の作品群
- 心象風景を再現する(色の正解はどこにあるか)
- 流通させない売り方
- 好きな写真集は二冊買う

10.はたらき方

- 自分らしいはたらき方(3つの要素)
- 東京ではないはたらき方
- 徹底的に競わない(勝ち負けの価値観からの解放)
- できないことは専門家に任せる
- プロ/アマからフル/パートへ(コマーシャルとSNSの間)
- オルタナティブな存在であること

11.その他

- 正当な対価の交換と対等な立場の構築
- ガラパゴス化する日本の写真
- これからは中国が席巻する
- 新しい写真屋のかたち

おわりに


以上。

架空のつもりでしたがほんとうに出版することになりました。2020年の春頃になりそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

207

Hideaki Hamada

Photographer based in Osaka, Japan

もしも写真の本をつくるなら

架空の写真本のためのテキストまとめ。
2つ のマガジンに含まれています