腹の熱

久しぶりに Glee を見ていて、
強い怒りと悲しみは一体だと思った。

特に、10代の頃はそれが顕著で。

腹のあたりに、
自分ではコントロールできない強い怒りと、
空虚感を持っていた。

悲しみを伴う怒りは、お腹が熱くなる。

それを思い出した。このシーン。

今では落ち着いてしまったけど、
怒りと共に涙が出ることがよくあった。

19才の頃、私の写真をみた当時の校長に
「大人しそうに見えるけど、熱いものを持ってるね」
と言われたのを覚えている。

当時の私は自分でもわからない怒りを持っていて、
その怒りを見透かされたのかと思ってドキッとした。

・・・

最近、落ち着いてしまった自分をつまらなく思う。
あの頃のような怒りを私はもう持てないし、
あの頃のような写真を私はもう撮れない。

同時に強い怒りは人を不安定にさせるのだと思う。
大きなエネルギーが突発的に動く危険。
その危険に一番近いのが10代なのかもしれない。

つまらないと思いつつ、
こんな自分もいいか、と思っている。

あの頃とは、また少し違う世界が見えている。


hiragi ayako
twitter : @____hrg


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます!勉強代の足しにします。

ありがとー!
4

hiragi ayako

考えていること

考えていることや感じたことをまとめています。 たぶん、結論のないものが多いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。