見出し画像

プログラミング講座2回目

2回目のプログラミング講座をやりました。今回の制作は、赤外線フォトリフレクターを使ったエレキギター的なもの。
脇にかかえて右手でボタンを押し、左手でセンサーをスライドさせる楽器で、センサーの位置に応じて色んな高さの音が演奏できる感じです。

黒板がある場所だったので、そもそもフォトリフレクターってなんだろうということ、その仕組みも簡単ながら説明。思ったより、すんなり分かってもらえた感じがします。

授業の流れとしては、まずはとりあえず「ボタンを押したらブザーから音が出るもの」を作ってから赤外線フォトリフレクターを導入。
次に「ボタンを押したら、フォトリフレクターの値をそのままブザーの設定値に使った音を出す」しくみをつくります。この時点で、いろんな音程が出せるんだけど、思い通りの音程で演奏するのは難しい。そこで最後に条件分岐などを多数使って、ある程度、思い通りの音が出せる楽器をつくりました。

時間は2時間だったので、ド~ラまでの6音くらいで終わってけれど、2人とも目標点まで到達できて良かった。

得意、不得意がそれぞれ違うので、講座を進めていると、ある場面では片方がぐっと進み、進捗に差が出るけど、別の場面ではもう1人がぐっと進んで進捗が逆転するなど、なんとなく収束していくのが面白いなあと感じます。

子どもに何かを教えるのって難しいけれど、2人くらいだと丁寧に見れるので、見ている方も楽しいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
1

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。