川央ヒロコ

映画のこと(もしかしたらたまに違うこと)を、 なるべくネタバレの無いように書いていこうと思います。 より多くの方が、映画館へ足を運びますように...🎥 http://hrk-kawanaka.com

『メイド・イン・ホンコン』

『メイド・イン・ホンコン』
監督:フルール・チャン
出演:サム・リー、ネイキー・イム
1997年、香港

--

90年代のみずみずしい感覚。
純粋で、イライラしていて、ふざけあって、笑う。
どうしようもない家のこととか、
抑えきれない感情とか、
爽やかに熱く、
まさに、青色。

香港返還によって、映画の表現も制限される昨今、
もうこういった映画は作られないのだろうなあと、
淡い寂しさも感じます。

もっとみる

『皆殺しの天使』

『皆殺しの天使』
ルイス・ブニュエル監督
1962年、メキシコ



タイトルである「皆殺しの天使」、は、少々過激な邦題に思えますが、
原題(El Angel Exterminador)の直訳です。

この映画は、シュールリアリズムであり、よってこちらの知識も問われます。

読み、は深く深く入っていくことができ、不可解で官能的です。

大学が英文学科だったためキリスト教の知識が淡くあったのが幸い

もっとみる

『海の沈黙』

『海の沈黙』
監督ジャン=ピエール・メルヴィル
原作 ヴェルコール
1947年、フランス

−−

ジャン=ピエール・メルヴィルのデビュー作です。

舞台は第二次世界大戦時、ドイツ占領下のフランスの民家。
そこへ下宿をしにやって来たドイツ人将校と、
フランス人家主とその姪を主な登場人物として、
彼らの内面を繊細に描いています。

モノクロの映像に映し出されるのは主にその民家の居間でありながら、

もっとみる

『ベイビー・ドライバー』

『ベイビー・ドライバー』
監督・脚本 エドガー・ライト
出演 アンセル・エルゴート、リリージェームズ他

—-

劇中、音楽がずーっと流れています。
それには理由があるのですが、
冒頭から音楽と映像とが爽快すぎて、
一瞬映画を見ていることを忘れそうになる程です。

ごめんなさい。

ちゃんとドラマもあります。
ただ、音楽とカーアクションとドラマがすばらしく融合していて、
説明が難しいのですが、経験

もっとみる

『血を吸うカメラ』

『血を吸うカメラ』
1960年、イギリス
監督:マイケル・パウエル

at 銀座メゾンエルメス ル・ステゥディオ

—-

原題『Peeping Tom』=のぞき魔

鑑賞後、隣にいらっしゃったマダムが、
「あーん、気持ち悪いの見ちゃった〜」
と、声に出して言っていました。

たしかに、これは気持ち悪い映画です。

主人公は、最高の恐怖を撮るために、殺人を繰り返します。

当日配布されたパンフレッ

もっとみる

『エル』

監督ポール・ヴァーホーベン、主演イザベル・ユペール

---

原作者のフィリップ・ディジャンは「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」の原作者だそうです。

この映画も、とても官能的な作品でした。

ただ、恋愛映画ではなく、とても危険な映画です。

「えっ?」「良いの?」「まさか?」「本当?」
・・色々な挑戦を挑んできます。

公式サイトによると、ポール・ヴァーホーベン監督はこの小説について、
「僕ら

もっとみる