今までとこれから、パリのお好み焼き屋さん3周年を迎えて。

3月8日、無事に3周年を迎えることが出来ました!!ひとえに、スタッフ、そしてお客さまのおかげです。長いようで短い3年でした。

日本と同様、3年保つことが大事と言われるパリです。(その後は、2年内に2店舗目…などというジンクスもあるそうですが…。)最近は不景気もあり、お店にお客さんが入ること自体、とてもありがたいことだと実感しています。

(だがしかし昨日は暇だった、水商売だもの。ひろこ)

お客さまや友人には『まだ3年だったの?』と言われることも少なくありませんが、これを機会に振り返ってみたいと思います。

■ 沢山問題はあったし失敗もした。

目標≪お好み焼き屋をオープンさせ、続けること≫のために、様々な問題を乗り越えてきたようです。なぜ、伝聞かと言うと、本人にはその実感がないから。

問題があったでしょう、大変だったでしょう?と言われること数多。個人的に、問題と言うワードは、解くのが難しいようなマイナスイメージの方が強いと思うのですが、わたしにとってはそれらは解決するだけの課題、飛び越えるべき、そして飛び越えられるハードルと、そもそも『解決できない』とは一度も思ったことはありませんでした。

問題が起きてても、それを事実として認識分析し、冷静に解決策を編み出すと、問題だと思う前に解決できたんですよね。

だから、悩むことが極端に少なくて、悩みのない、いつも能天気な人だと思われているようです(笑)それはそれで良いのですが…。壁は壊すためにある!!

失敗は、人の面でが大きかったです。オコムス卒業生は、F、Hちゃん、Tくん、Eちゃん、Kくん、Aちゃん、Eちゃん、Kさん、Yちゃん、Sさん、Yちゃん、Tくん、12人(うちフランス人1人他3名がまだフランス在住)と、今現役の5人。

わたしの不徳の致すところで、最初の2年間に働いてた方たちには特に迷惑をかけたと思います。初めての飲食店、しかもフランス。責任者はわたし一人、フランス語もわからず、日々の手続きにも手間取りました。それでも満期まで働いてくれたくれたみんな、本当にありがとう。

また実務面でもフランス語がわからないのはもちろんのこと、公認会計士との連絡もうまくいかない上、なめられて給与明細が長らく届かなくて迷惑をかけました。
しかも、そのあと顧問料勝手に上げられるわ、頼んでる資料か全く届かず、提出されるべきものも提出されてなくてこちらに罰金が来るわ、などありました。(結構ヘビーだなw)

今は、実務面と精神面を支えてくれる二番手が入社してくれて、彼女を頼れるようになったため余裕が生まれ、スタッフが何か失敗してもイラつくことも減ったと思います。スタッフが失敗するのは『わたしの指導が悪いから』と、一呼吸おいてから対策を考えるようになったからもあるでしょうか。会計士も変わりました!!ストレス激減!!!今思い返すと、一人のときは本当に辛かった!!!!!(笑)

■ 今後は?

以前からお伝えしているように、2号店のオープンに向けて動きます。日本酒とおばんざいのお店を今のお店からほど近いところでオープン予定です。

資金に関しては、銀行融資、個人投資家、及びクラウドファンディングサイトの CAMPFIRE さんにご協力いただくことになりました。リリースは4月15日を予定しています。友人の皆さまには個人的にお願いのメールを送るつもりでおります。不躾ではありますが、何卒よろしくお願いします!

日本酒ナビゲーターの資格も取りました♪引き続きがんばります!!

最後になりましたが、支え続けてくれる両親、健康と安全しか要求しない3人(3家族)の株主たちに本当に感謝です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!!
11
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。