長い1日でした。仮契約を済ませました。

2017年5月24日、無事に仮契約を結んできました!

4月、物件を決めたものの、手付金を支払い済みの弁護士と連絡が取れず、不動産屋にせっつかれること3週間。連絡が取れたと思ったら、翌々週にはサインにこぎつけることができました。

今日の仮契約というのは『あなたに売りますよ!他の人には売りませんよ!』というような類いのもの。そのために営業権の一部を手付金として支払いました。

日本の方向けに説明すると、フランスには営業権というものがあり、それを購入しないとお店を開けることができません。営業権とは、総じて、その場所で営業する権利、お店内の調理器具などのマテリアル、お店についてるお客さん、そして時には従業員のことを指します。

今回は、
元の営業権:170,000ユーロ
支払った手付金:20,000ユーロ
支払い済み弁護士費用:2,700ユーロ

その他、
営業権の残金:150,000ユーロ
不動産会社手数料:21,600ユーロ
保証金:15,600ユーロ
売買出来高:4,410ユーロ
工事費用:未定
がかかる予定です。
日本と全く違うことがわかるでしょうか?

前日の昨日には、弁護士会計士から不動産手数料が高いのではないか?とか、営業権の権利の年数はあるのか確認したのか?とか、先方の昨年度の売り上げが悪いんじゃないか?とか、直前すぎるツッコミが沢山入り、本当にナーバスでした。早く言って!!!

とはいえ無事サインを終え、右腕のえみちゃんと小さな祝杯をあげました。

見かけによらず、小心者なもので、昨日は胃がキリキリして、えみちゃんに当たってしまっていたのですが、彼女の言葉に救われ、今日に至りました。

その後、ほろ酔いにて帰宅…はできず、そのままお店に戻り夜のサービス突入。朝の10時半に集合し、夜中の0時まで、本当に長い1日でした。(昨日は空いてた弊店も今日は予算達成できて、一安心!)

まだまだこれから、会社設立であったり、銀行融資であったり奔走することは多々ありますが、腐らず、楽しんで突っ走りたいと思います。

今日の仮契約では、4年前のときには全くわからなかったフランス語が100%ではないとしても、ずいぶんわかり、過去のわたしは本当に怖いもの知らずでよくお店が作れたなぁと我ながら感心、半ば呆れてしまいました(笑)怖いもの知らずってすごい、というか怖いですね!!でも、こんなわたしでも起業できたのだから、日本海外問わず、夢や目標に向かって進んでいいのか悩んでる方がいたら、是非チャレンジしていただきたいものです。

引き続き、オープンのその日まで、精進していきますので、皆様よろしくお願いいたします!

クラウドファンディング、忙しさにかまけていたら予算の達成が厳しそうです。ご支援いただけると泣いて喜びます。よろしくお願いいたします!シェアだけでもご協力いただけると嬉しいです!

パリで日本酒をもっと広めたい!酒とおばんざいのお店『sake lover』開店https://camp-fire.jp/projects/view/24858

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♥️
10

コメント1件

わあ、すごい!海外で日本酒のお店って素敵!お好み焼きも、自分が留学中だったら日々の食費を削って通いそうだな…って思いました。
パリで知人が働いているので、お店に行ったことあるか聞いてみたいと思います♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。