永井弘人(アトオシ)デザイナー

ディレクター/グラフィックデザイナー。日本タイポグラフィ協会正会員。東京デザイナー学院講師。グッドデザイン賞受賞。ロゴと展開、日常雑文。著書「デザイナーになる!MdN」→ https://amzn.to/2USvPvi デザイン事例サイト→ https://atooshi.com
固定されたノート
大当たり! 今日も明日もその先も、笑顔のままで過ごすでしょう☺️!
506

【 トークイベント参加募集! 】

「そもそも、デザインってなんだろう?」…を知る、“デザイン初心者”向けのイベントを開催、永井弘人が登壇します🎤✨

■ 8月9日(金)20時、渋谷 BOOK LAB TOKYO。■ 応募詳細→ https://designer-ni-naru-booklabtokyo.peatix.com/

ありがとうございます! 「スキ」で、パワーアップしました!
10

デザインの「初回提案」は、「方向性を明確にする」ために行います。

それには、「提案の振り幅」が必要! 共通コンセプトを軸に、“○○を強調したA案” “□□を強調したB案”…という振り幅。

これらを“比較”すると、「こっちに行くべき」っちゅー道しるべが見えてきます👈👀

ありがとうございます! 「スキ」で、パワーアップしました!
19

▶ 動画 : 「デザイン費の算出方法」をお伝えします! 工数、付加価値、経験値。

今回の動画は、「『デザイン費』って、なんで、人によってちがうの? どうやって、『デザイン費』を算出してるの??」…そんなお話をします!

【動画の一言解説】「デザイン費」は、
A. 全行程に必要な「工数(時間)」
B. デザインがもたらす「付加価値」
C. 担当する「デザイナーの経験値」
…によって、算出されます!

* もっと詳しく知りたい方は、下記noteをご覧ください!
■ note:超リア
もっとみる

パッパラパー! やる気とモチベーションの馬力が出走しました。感謝です!
17

“自分の手でつくる・とる・かく”作品は、いままでの自分が、どんな考えで、どんな視点で過ごしてきたか、が集約される。

…ってなると、嬉しいことも、しんどいことも、すべてに意味があって、“点と点で線になる = 作品”っちゅーことなのでしょうね!

これからも、日常とデザインを拡げてまいりまする。感謝、申し上げまする!
22

ボクちゃんの資料ちゃん。ロゴタイプや作字は、

・元の骨格を生かす。
・元の骨格を無視する。
・元の骨格を少し生かす。

…など。いずれも、「元」を知ってこそのイカシ〜ハズシ。先人たちの歩みがあるから、“今”のデザインができるのです。だからこそ、リスペクト✨

未来から来た者です。今押したスキ、素敵な未来につながる。感謝です!
18