少しずつ知っていく、生きることといただくこと。

画像1 1
画像2 2
画像3 3
画像4 4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます! スキやフォロー、励みになります。頂いたお気持ちを前に進む力に変えて、創作活動に取り組んで参ります。 サポート頂けましたら、大切に遣います^^

また見て頂けると嬉しいです^-^
219

もちだみわ

イラストと漫画。ときどき文章。元デザイナ的な何か。車のオモチャは変形しないと物足りないです。自己紹介→https://note.mu/hiyokodou/n/ncba7ebadfc80 連絡先→hiyokodou38@yahoo.co.jp

漫画【ムスメモリー】

ムスメ関連の漫画。主に四コマ。
2つ のマガジンに含まれています

コメント9件

リアル《負うた子に教えられ》だ!【橋の架かって無い大きな川を渡る時、背中の子供に危険な所を教えられた】と言う現実生活では【死語の世界のコトワザ】だが?この漫画はリアルに判り易い!!
michizaneさん 日々、負うた子に教えられています。どこのお宅のお子さんも、もしくは幼い頃の我々達自身も、きっと素朴なことをまじめに考えていたのだろうと思います。
もちだみわさん、初めまして
nautaと申します☺
命は、大事ですね。私は、魚など、肉もそうなんですけど自分が食べる分は、絶対残しません。残ったとしても、次の日に食べます。結構、若い時から、意識的に命あったものを食べる
ありがたみを感じてました。
野菜もそうですし、全部命に通じてると思います。だから、食事を残す人は、個人的に好きではないですね。病気の人は別として。自分が食べれる量を考えないで、外食で注文する人もなんだかなって思っちゃいます。家で、魚をさばく時は、心の中で「ありがたく、いただきます🙏」って、クセのように言ってます😅子供の時に、命というものに触れる事で優しい思いやりのある大人になって欲しいですね。
nautaさん 初めまして。コメントありがとうございます^^
自分が食べられる量を体に負担なく頂くのが「頂くもの」への敬意かも知れません。私は食べる量に制限があるので、誰かが美味しそうに食べている顔を見るのがとても好きです。娘もですが、老若男女問わず、体の声に耳を傾けつつ美味しく食事を頂く人生を送って欲しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。