唄にこころを、ひととき預ける。

 こころの振り子は、いつ、ということもなく、いつも大抵、不安定に揺れている。
 花びらが舞い散るようにゆるやかに、粉雪が降り積もるようにゆっくりと、揺れている。

 去年の夏から冬に掛けて、環境的に割と大きな負荷が掛かって、普段よりも努めて平静を保つ必要があった。一人が力をうしなえけば、残りを支える一人ひとりへの負担が大きくなって、一蓮托生になってしまうような状況だった。立ち止まるわけにはいかなくて、こころと体に無理を強いなければならなかった。倒れずにいられるのかという焦りや、先のことが見えない不安が、時折、振り子に手を伸ばす。余計に揺らがないようにするために、常に唄をたずさえていた。

 バスで移動するほんの僅かな間、唄に耳を傾けた。不安を押さえつけるためでも、ねじ伏せるためでもなく、撫でて落ち着かせるために聴いていた。
 唄の中の「私」がわだかまりを土にそっと埋めて、わたしの代わりに涙をこぼす。そうすると呼吸が少し楽になって、ただ迷いなく動けた。 

 状況は次第に停滞してゆき、改善の見込みがほぼ見られなかった。打つ手を得ようと右往左往する日々の中で、こころが揺らぐ瞬間に何度も出くわした。言葉の取り違えで思いやりと叱責を勘違いして溝を深める悲しい話を聞いたり、もう期待していないひとにさらに失望させられるような事を言われたり、帰る場所をようやくひとつ失くしたりした。そうやって振り子が余計に揺らぐ度に、不安を手触りのいい布で丁寧に包んで、ほどきやすい柔らかな結び目で閉じて、唄の中に預けた。

 ある暑い日。わたしは会議室のような簡素な部屋に通された。わたしと、聡明な目をした女性とで、机を挟んでふたりきり、向き合った。打つ手を得るために彼女に会いに来た。先の見通しが立たなくて、わたしは浮き足立っていた。物事がぎりぎりうまく運ぶかどうかの危うい時期だった。一日、何かを先送りすれば、そのロスがのちのち物事を噛み合わなくさせる、そういう危惧が明確にあった。

 誰かの助けが欲しいのなら、いま起きていることを、怖がらずに、隠さずに、正確に、つぶさに伝えなければいけない。自分のすぐそばで起きている物事を説明するのはあまり得意ではなくて、声にするのを躊躇い続けていた。誰にも言いようがなくて、説明の仕様がなくて困り続けていたことを、その日、初めて話した。彼女は聡明な目でわたしを見つめながら、一緒に問題点を整理し、いくつかの改善策と、出来ないことを提示した。

 あの時、聞いてくれる誰かがいたことと、正しく受け止めて貰えたことが、いまもわたしを支えている。あの日、彼女に会えていなかったら、多分、とっくに挫けていた。彼女と言葉をかわしたのは、そのあと二度か三度のことで、いまはもう接点がない。いまもこころは不安定に揺れている。この先も穏やかになることは、多分もうない。だけど彼女がくれた安堵が、いまも胸の片隅にほのかに残って、わたしを励ます。
 
 いつだって、いくつかの幸運が花びらのようにそっとやってきて、わたしをすくっていく。それはほんの些細なことの積み重ねで、たとえば、雨の日に見知らぬ誰かに傘を差し出されるような、無くした鍵を拾って交番に届けて貰うような、偶然出くわして、知らないうちに通り過ぎて行く、ちいさくて貴い親切によく似ている。


 わたしはわたしのこころと体でここまで歩いてきた。拙くて、不器用で、簡単に傷ついて、時には不用意にひとを傷つけながら、ここまでやってきた。だから、どうしたって覆すことができない悲しいことに出くわしても、それを誰かのせいにはしたくない。それを誰かのせいにすることは、わたしが出会ってきた人たちと過ごした時間や、いままでやってきたこと全部を、否定するのと同じことのような気がする。

 わたしがわたしでいるために、唄に預けて守ってもらっていた不安の結び目を、今度は解きに行く。
 探しに行くものは、多分、宝物のように輝いてはいない。それは、とてもちいさくて、掌に乗るほど瑣末なのに、昔もいまも、こころを捕らえている。そうして、この先もずっとわたしをこだわらせて捕らえ続けるのだと思う。だから、その形と色と手触りを、ちゃんと確かめたい。そうして、向き合った時に沸き起こる感情に触れて、確かめて、怖れて、知りたい。

 見えたものを文章に残す必要はなくて、わたしにわかることばにして、ちゃんと知ってさえいればいいと思う。知ってさえいれば、揺らぎながらでも、先に進んでいけると思う。


(←)    (→)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます! スキやフォロー、励みになります。頂いたお気持ちを前に進む力に変えて、創作活動に取り組んで参ります。 サポート頂けましたら、大切に遣います^^

嬉しいです♪
21

もちだみわ

イラストと漫画。ときどき文章。元デザイナ的な何か。車のオモチャは変形しないと物足りないです。自己紹介→https://note.mu/hiyokodou/n/ncba7ebadfc80 連絡先→hiyokodou38@yahoo.co.jp

こまごまとまとめ

テキストやトーク、エッセイのような記事などを、あれこれとまとめ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。