見出し画像

Behind the Scenes of Honda F1 -ピット裏から見る景色- Vol.10

イギリス・ミルトンキーンズにあるHonda F1のファクトリーでエンジニアとして働く、ロス・マシューズ。F1の現場に同行した経験や、HondaがF1復帰後初優勝を迎えた瞬間などを、前回に引き続いて語ってもらいました。

皆さん、こんにちは。ロスです。先週末のドイツグランプリ、すごいレースでしたね。私はイギリスから観戦していましたが、ジェットコースターのようなレースにハラハラドキドキでした。シーズン2勝目を挙げたことに加えて、Toro Rossoまで表彰台に乗れたことは本当にうれしかったです。昨年ゼロから一緒に一歩ずつ進んできた仲間たちですし、苦労が報われたと思います。
なによりSakuraやミルトンキーンズ全員の努力が再び形になったのを見るのはいい気分です。さて、前回からの私の話を続けましょう。

ゼロからのスタート

2015年にF1に復帰したばかりのころの私たちのPUは、信頼性もパワーも持ち合わせていませんでした。しかも、メカニック的な視点で言うと作業性もよくありませんでした。エンジンとして非常に難しいレイアウトに挑戦していたことが大きいと思いますが、図面上では問題ないと思われた部分でも、実際にエンジンを組んでみると手が届かなくて、組立が難しいなどということもよくありました。
それでも、徐々にPUが進歩しポジティブな部分も見えるようになりました。外からは分かりくかったかもしれませんし、ゆっくりとではありますが、確実に信頼性が高まっていきました。新しいバージョンのPUになるたびに少しずつ改造がなされ、パッケージングも変わっていきました。着実にPUの性能は向上していたので、シャシー側を改良することでもっと競争力が上がるのではとも感じていました。

苦しかった2年間

私はマクラーレンとパートナーシップを組んでいた2016年からの2年間、レースチームに帯同しました。それ自体はよかったのですが、逆の側面もありました。こんなことは人生で初めてでしたが、当時は「ああ、本当に疲れた」と感じるときだけ、本当に生きている実感を得られていました。ちょっとおかしいのかもしれませんが、疲れすぎてハイになることが快感になっていたような気がします。改めて思うと、本当にたいへんでした(笑)
サーキットでは、ひたすら集中して仕事に取り組むのみでしたので、ほとんどの時間をガレージで過ごしました。F1というと魅力的で華やかな世界を思い浮かべるかもしれませんが、そういったものとは真逆の生活でした。まず、朝ホテルを出てミニバスに乗り、サーキットへと向かいます。ガレージに着くとHondaのPUが置かれたクリーンルームがあるのですが、そのクリーンルームこそが私のF1パドックのすべてとも言えました。クリーンルームに入ると、セッションが始まるまでとにかく準備に明け暮れます。ひたすらクリーンルームで仕事に打ち込み、1日が終わる。やることは山ほどあるのに身体は疲弊しているので、どうにか睡眠時間を確保して眠るといった感じでした。

心の底から喜んだ”あの瞬間”

そんな日々を経験していたので、先日のオーストリアGPでの優勝を見届けたときは、本当に感動しましたね。スタート前は、ここまで自分が関わってきたPUを積んだマシンの1台が初めてフロントローに並んでいるのを見ていて、ドキドキしていました。だからこそ、マックス(フェルスタッペン)がスタートで出遅れた時は、「ここまでの努力がすべて水の泡になってしまった」とも感じました。実はその週の金曜も、レースに向けて作業していました。ミルトンキーンズのスタッフたちは、レースウイーク中はファクトリーに常駐し、現場のスタッフたちをサポートする体制を築いています。

オーストリアGPでは、コースの気温が想定よりも高く、金曜日の夜遅くまでシミュレーションを行っていました。それだけに、マックスの不具合によるスタート失敗はガッカリしました。
それでも、そこから徐々に順位を上げていく様子を、私はテレビにかじりついて見ていました。アドレナリンがあふれ出るような感覚で、あの瞬間はなかなか言い表すことができません。心の底から喜んでいました。ですので、途中、無線で「パワーがなくなった」と聞いた瞬間は心臓が止まりそうでした。それでも、本当に最高のレースでした。

努力は間違っていなかった

「やってやったぞ!俺たちにもできるんだ」という想いでしたね。
復帰以降の3シーズンは、いろいろな批判を受け、ネガティブなニュースも多かったですが、当時の努力が間違っていなかったと証明できたと思います。
私自身としては、2006年のハンガリーと今年のオーストリア、そして先日のドイツと3度の勝利に関わることができました。でも、逆に言うと25年Hondaにいながらまだ3勝しか立ち会えていないんです。もっともっと、勝利を味わいたいですね。そして、それは可能だと思っています。

HondaがF1に挑戦する理由はとてもシンプルで、「レースに勝つため」です。だれもがその目標に向かって取り組んでいます。
今はファクトリーでの仕事に戻りましたが、サーキットの現場にまた戻りたいなと思うときがしばしばあります。トップにならなければいけないというプレッシャーの下で仕事をすることは、また別の快感かもしれません。こんな仕事、他にはないですよね。そしてなにより、勝利の瞬間をサーキットで迎えてみたいという気持ちもあります。その経験は、まだできていないですからね(笑)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

47

Honda F1 - 2019

Honda F1プロジェクトのメンバーが、レースの舞台裏で見たこと、感じたことをお伝えします。 公式Web→https://ja.hondaracingf1.com/ Twitter→https://twitter.com/HondaJP_Live

Behind the Scenes of Honda F1

さまざまなHonda F1のスタッフが、レースの舞台裏を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。