第1回「きっかけ」

こんにちは。石塚晴子です。
陸上競技をしております。

色んな人とお話をしたり、新しい事を学んだりする中で、自分の経験や感覚を文章にすることに興味を持つようになりました。
以前からTwitterで少しずつ考えを発信していますが、思っていた以上に皆さんから反応があったため、拙い文章ではありますがnoteで内容を深めていきたいと思っています。
どうぞお付き合いください。

早速ですが、先日Twitterで
「ハラスメントを防ぐために選手が持っておきたい考え」というテーマで投稿したところ、沢山の反応をいただきました。

【ツイート】
・指導者に求めるのは教育ではない事
・指導者の機嫌を取る為に判断しない事
・競技は自分の人生の一部であって全てでは無いという事
・心と体の反応を無視しない事
・選手の不安を煽って頑張らせようとする指導者は能力が無いという事
・必要な我慢はあっても我慢自体に意味は無いという事

この投稿をする前にまず頭をよぎったのが、
「怪我して今大した結果が残せてない私が言っても、説得力が無いんじゃないか?」という事でした。
ですが、これらの事はトップアスリートだけが持っておくべき意識ではなく、どの世代のどのレベルの選手も、みんなが持っておくべき考えなのではないかと思っています。

今現在、ハラスメントの対策として第三者委員会が存在します。平成25年からスポーツ指導における暴力行為が社会問題化し、翌年に相談窓口が設置されました。
悪い大人をつまみだしてくれる機関ができたというのは良いことです。
しかし、それはハラスメントが起こってからの話であり、選手がハラスメントに気づく基準を持っていなかったり、被害にあっても声を上げられないのが現状だと思っています。

では、ハラスメントの発生や第三者委員会への告発が「表面・結果」だとすれば、「根本・原因」は何にあたるでしょうか。
私は現場で指導する側の大人ではなく、まず私達選手がどのようなスタンスを持って自分の人生を生き、競技に向き合うのかどうかだと考えました。
スポーツの結果が人生の全てだと思ってしまった選手は、トレーニングやコーチの判断に依存します。結果を出したい、という焦りや不安に漬け込む大人は、残念ながら後を絶ちません。
選手が自分の身を自分で守るために、どんな考えを持っておくべきか、ということに触れたのが先述のツイートです。

私は選手です。指導者ではありません。親でもなければ学校の先生でもありません。それにたったの20年しか生きてないし、そのうち陸上は9年です。
指導者の目線でものを言えない私にできることは、選手の目線で、自分のこれまでの経験や知識を活かすことだけです。
私は高校時代に、世代のトップを経験しました。それから走りすぎが原因で大きな怪我をしました。
そしてもう一つ、回復に治療を要するほどのハラスメントを受けた過去があります。

「消えた」と言われることや、ハラスメントのニュースが他人事ではなくなりました。伸び悩むこの世代の選手達は、どうしたらいいんだろうという事を今もずっと考えています。
答えはまだ全部わからないけど、競技に関係なく、みんなの根元に流れる考え方の部分が、今起こっている色んな問題に繋がっているように感じました。
何かが間違っている、でもその何かがわからない、だからといってどうすればいいのかがわからない…色んな選手とお話していると、そんな風に感じている選手がとても多かったです。

怪我でも練習を無理して続けて、対校戦で結果が残せず、監督に「辞めてしまえ」と怒鳴られた友人の話を聞いた時は、思わず泣いてしまいました。友人も、涙をこぼしながら話していました。
なんでこんな事になるんだろう、何のためにやってるんだろう、アスリートファーストって一体何なんだろう…色んなことを思いました。
本当に大事なことが見失われていては、スポーツの結果も価値も下がる一方だと思っています。

これから時間をかけて発信していきますが、選手が自分の身を守り、自分の人生を決定し、楽しく本気で競技に打ち込めること。
これを支えるコモンセンスができることが、私の大きな目標です。

今回は「きっかけ」の部分に触れさせていただきました。
今後自分の経験や言葉が、誰かの背中をおすことがあるかもしれない…そう願っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

120

HARUKO

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

突然すみません、現在大学生で陸上競技をやっているものです。
全4回の記事を読んで、色々と聞いてみたいことができたのですが、連絡を取らせていただくことはできないでしょうか?
このコメントがどこまでの範囲で閲覧されているのかわからないので、まだ詳細な個人情報を明かすのに抵抗があるのですが、他の読者の方々も閲覧できているのでしょうか?
選手兼指導者をしている者です。
TKD projectがきっかけで石塚さんを知りました。

この記事にある問題点に関して少し考えてみました。
やはり、一番大きな問題は選手と指導者との上下関係だと思います。
選手は指導者の言う事を聞くのが「当たり前」
指導者は選手が言う事を聞くのが「当たり前」
これが根本で皆が当たり前だと思っている気がします。
しかし、個人的には選手と指導者の関係は「対等」だと思うのです。
選手は指導を受ける事で競技力の向上や、結果に結びついていく。
ここで感謝の気持ちが湧くのは当然です。
また、指導者は選手を指導し、競技力を向上させ、結果を出させる。
ここに1番の問題、「俺が指導したから結果が出た」のような傲慢があると思います。
ここでは「こちらの指導の結果、良い結果を出してくれてありがとう」と思うべきです。
選手と指導者で1つの結果を求めていくのであるならば、そこに上下関係はないはずです。
一緒に達成させようとしたのだから。

的を射ていないコメントになっていると思いますが、私の思うところはこんなところです。
長文失礼しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。