鼓腹擊壌(こふくげきじょう)

善い政治が行われ、人民が平和で不満のない生活を楽しむ様子。または、世の中が平和なことのたとえ。
「鼓腹」は食べるものが十分にあり、満腹になった腹を楽器のように打ち鳴らすこと。「壌」は土や地面のこと。
「擊壌」は地面をたたいて拍子をとること。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

四字熟語の「書」―3

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。