知らなかった言葉を知れて楽しくなった瞬間。

noteのスキのリアクションをフォーチュンクッキー風にするのに、ことわざや四字熟語を色々と調べた時の話。

知っている言葉なんてたかが知れているし、フォーチュンクッキー風にするとなると、ある程度の量の言葉があった方がいいからネット検索で調べてみたんだけど。
結構知らない言葉が多くて、知らないことわざや四字熟語を見るだけでも楽しい気持ちになってしまったよね。

その中で、個人的に「この言葉いいなぁ」

もっとみる

「毋望の禍」を考える

むぼうのわざわい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
考えてもいなかった不幸が突然訪れること。
「毋望」は予期していなかったことが突然起こること。
「毋」は「无」·「無」とも書く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「毋」 音読み む ぶ
    訓読み な(い) なか(れ)
    「ない」と読み、否定を表す。
    「なかれ」と読み、禁止を表す。

「望」 ①とおく見やる。
   

もっとみる

意味不明

分かりづらい四字熟語ってありません?

ここで言う「分かりづらい」っていうのは、「意味がとりにくい」みたいな。

たとえば、八方美人。私は子どもの頃、八方美人ってどの角度から見ても美しい人のことを言うんだと思ってました。なので、小学五年生の時「岡崎先生、本当に八方美人ですね」って言って

めちゃめちゃ怒られました(笑)。

あと、自業自得も。自分の業(行い)で自分が得してるじゃん!と。自業自得って

もっとみる

深夜12時前のガストにて

深夜12時前のガスト、僕は物思いに耽りながら日記を書いていた。店内には僕以外の客がもう一組。僕の席から少し離れたところでオバハン2人が向かい合って喋り倒していた。僕は自分の作業に集中していたのでオバハン2人が何の話をしているのか分からなかったが、おそらく他人の噂話でもしていたのだろう。深夜12時前のガストで何をそんなに喋り倒すことがあるんや、そう思ったが、僕も1人でただ物書きをしている身だ。人の事

もっとみる

「虚心坦懐」を考える

きょしんたんかい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不信、疑念、不満などがなく、すっきりとした気持ちであること。
「虚心」は不満や不安などがなく、偏見や先入観を持たずに、事実のまま素直に受け入れることができる心のこと。
「坦懐」は心の中に不満や不安などがなく穏やかなこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「虚」 ①中身がない。からっぽ。からにする。
    ②実が伴わない。

「心」

もっとみる

心頭滅却メソッド

「心頭滅却」という言葉がある。
「心頭を滅却すれば火もまた涼し」が略されて四字熟語になった。

どんな苦痛であっても、心の持ち方次第でしのげるという教え。
無念無想の境地に至れば、火さえも涼しく感じられるということから。

無念無想の境地がいかなるものか、私は昇天しかしたことがないのでわからんが、
涼しいというのはちょっと強がりだと思う。
おそらく偉い人がプライドを保つために、盛り気味で言っちゃっ

もっとみる

しとしと

外は雨です☔️

6月は雨が多い時期ですが、
同じ雲って二度と見れへんっていうように
雨にも同じ雨はないと思っております💌

雨は
ポツポツ降ろうが、一気に降ろうが、
人を悩ます水分として
少し毛嫌いされちゃってるけど、
あれだけの広範囲であの水の粒の量をあんなにも高い位置から降らすなんてことは、まあ中々できないことよね☝️😵☝️

降りかたにももちろんよるけど
たった1分間でも
半径1センチ

もっとみる

現実逃避

週刊キャプロア出版55号は、【四字熟語】。
私は漢字苦手だし、四字熟語はほとんど知らなかったけど、酢豚定食も四字熟語らしいと知って一気に気が楽になった。
珍しくコラムを。

【現実逃避】
うっかり眠ってしまった、というのは多分、言い訳なんだと思っている。
何か作業をしていたのならともかく、眠るには眠る体勢をとらなければいけない。
私の場合、横になったらうっかり眠ってしまった、のではなくて、確実に眠

もっとみる