酒飲み、つわり軽い説

いまはもう妊娠6ヶ月ですが、妊娠初期を振り返ると、食べものに関してはいわゆる「つわり」がほとんどない日々でした。
食べられなくなったものもなく、ものすごく食べたくなったものもなく、味覚の変化もなく。

(眠りづわりというものはありました。22時に寝て朝8時に起きてもまだ眠いという日が続きました。いまは妊娠前とかわらない程度です)

なんなら、飲み会で他人のお酒を舐めさせてもらっても、お酒もかわらず美味しい。
お酒がまずく感じるようになったら、禁酒も楽だなあと思いますが、長年お酒を愛してきた身、そう簡単にはいかなかったです。ざんねん。

そんな酒飲みの自分は、お友達もやっぱり酒飲みが多いのですが、お友達のお友達で妊娠経験された方についても、つわりほとんどなかったらしいよ!という話を数件耳にしました。その方々も酒飲みとのこと。
これは、もしかして、酒飲みはつわりが軽い説ある、、、?

長年肝臓を鍛えたり二日酔いに耐えたりした経験が生きているのか、定かではありませんが、もう少し事例を集めたいなと思っています。
お心当たりある方いたらぜひ教えてくださいませ。

ちなみにわたしの母親も、つわりなかったそうです。3人産んで3人とも。なので遺伝の線もありますが、お酒も弱くはなさそう(飲酒習慣はないけど)なので判断保留。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

いくえ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。