見出し画像

スモーク・ウィード・エブリデイ

 日本政府はクソだが、大麻を合法化したことだけは立派だったと吸うたびに思う。
「そう思わないか?」
 そう隣を歩く犬に話しかけると犬は、
「さあね、だが我々にとって利益があったのは認めるところだ」と気障ったらしい返事をする。
 俺がラリっているのかって? 違う。彼はおしゃべりドッグだ。
 大麻の合法化で犬が大麻を吸い、偶発的に知性を得た。その衝撃は軽い世界大戦が起きるほどだ。そのため、動物に大麻を与えるのは禁忌となった。
「知性は人だけのものという思い上がりを正せたのは愉快だ」とドッグは言う。嫌な奴だ。これ以上動物が知性を得るのは御免だ。
 その時、突然猫が俺たちの前に躍り出る。猫の目は充血していた。
 おしゃべりドッグが唸る。
 すると猫が口を震わせる。
「……タスケテ」
 おい、まさかこの猫。
「どうやら大麻を吸ったようだ」
 相棒は真っすぐ俺を見据える。
「どうする探偵さん。この雌猫を殺すか、殺さないか。選ばないとまた戦争になる」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
書きニスト 連絡先:thugraibu@gmail.com

コメント1件

oh!
ノードラッグでヘルシーな生活なんてのはネコチャン、ワンチャンの何かに配慮してるからなのですね。
分かりました。。。わかりましたブッダよ。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。