「戦術的なところもあるけど、基本的なことができていないと、戦術うんぬんも成り立たない」(田坂祐介)。ピッチ上の分析だけでは読み取れない問題の本質。自分たちの意思を発しなかった90分は、なぜ起きた?(リーグ第9節・セレッソ大阪戦:0-2)

ヤンマースタジアム長居で行われたセレッソ大阪戦は0-2で敗戦。

過去のセレッソ大阪戦を振り返ると、殴り合いのゲームになることも珍しくありません。

 ただこのゲームは、前半から殴る側と殴れられる側がはっきりした試合になりました。そうなった場合、普通に考えると昨年優勝争いを演じたフロンターレが殴る側になり、今年J1に復帰を果たした昇格組のセレッソが殴られる側という構図になりがちです。

 しかし試合が始まると、ピッチで展開された構図は真逆でした。GKチョン・ソンリョンの踏ん張りもあり、なんとか前半は無失点でしのいだものの、前半だけで2〜3点を取られていてもおかしくなかったかもしれません。そのぐらい、フロンターレが殴られ続けた前半でした。

 後半になってもその構図は大きくは変わらず、終わってみれば、力負けした90分でした。ピッチ上で起きていた問題点であったり、パフォーマンスが良くなかった選手について指摘するのは、映像で見直してみると、それほど難しいことではありません。しかしこのセレッソ戦に関して言えば、それは表面的な指摘に過ぎない気がしました。原因の本質はもっと深いところにあるように感じたからです。

 なのでオフ明けの5月2日の練習後に、選手に話を聞いてみました。この日にリカバリー後は、主力組がピッチで円となって30分以上、小林悠を中心に青空ミーティングを行っていました。みな何かしら思うことがあったようです。

今回のレビューでは、そのへんも含めて書いております。ラインナップはこちらです。


1.中村憲剛、エドゥアルド・ネット、大島僚太。3人のゲームコントローラーの同時不在により、問われたチームの設計図。

2.「流れは自分たちでもってくるもの」。PKを外した直後にこそチャンスだと思う、したたかさを。

3.「戦術的なところもあるけど、基本的なことができていないと、戦術うんぬんも成り立たない」(田坂祐介)。ピッチ上の分析だけでは読み取れない問題の本質。自分たちの意思を発しなかった90分は、なぜ起きた?

4.オフ明けの選手ミーティングを終えて、奈良竜樹が抱いた強い覚悟。「せっかくこれだけの技術があって、みんなを虜にできるサッカーができるんだから、あとはそういうところが埋まれば、届かなかったものに届くはず」。

 以上4つのポイントで約6000文字です。今回のレビューは、いつもとは少しテイストを変えておりますが、読み応えは十分です。

なおプレビューはこちらです。→試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ第9節・セレッソ大阪戦)


ではスタート!

この続きをみるには

この続き:6,017文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年シーズンのリーグ戦第1節〜第17節までのレビュー集です。ACLや天皇杯のレビューは含まれておりません。

または、記事単体で購入する

「戦術的なところもあるけど、基本的なことができていないと、戦術うんぬんも成り立たない」(田坂祐介)。ピッチ上の分析だけでは読み取れない問題の本質。自分たちの意思を発しなかった90分は、なぜ起きた?(リーグ第9節・セレッソ大阪戦:0-2)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
3

2017年シーズン前半・川崎フロンターレ総集編レビュー

2017年シーズンのリーグ戦第1節〜第17節までのレビュー集です。ACLや天皇杯のレビューは含まれておりません。

コメント4件

ごうさん、いつも楽しみに拝見してます。毎回毎回、ディープに取材されていて本当に興味深く読ませて貰っています。これからも楽しみにしていますので頑張って下さい。ただ1点、どうしても気になることが…有料コンテンツなので敢えて言わせてもらいますが、誤字脱字が散見されます。推敲されてるはずですが気づかないものでしょうか。前回も「山村」を「山室」、今回も恐らく「なんとなく」を「あんんとなく」となっています。決して安いと思わない金額を支払ってる身としては、残念な気持ちになります。すみません、不躾に。応援していますのでこれからも頑張って下さい!
昨日の青空ミーティングの様子は私もじっと見ていました。
リョータ、ネット、ケンゴ抜きで話し合ってたことが嬉しかったですし、終わって上がって来て、娘と一緒に写真を撮ってくれた皆んなの笑顔がなんともスッキリした表情で印象的です。
リョータの怪我の回復の程度やケンゴの腰痛が心配ですが、新潟戦がまた楽しみです。
>ポンヒロさん ありがとうございます。ご指摘、真摯に受け止めます。自分では気をつけているつもりですが、書き上げた直後に見直すと、どうしても甘くなってしまうのか、見落としたまま公開してしまいます。今後は推敲にもより気をつけたいと思います。よろしくお願いします。
>アインシュタインさん ありがとうございます。昨日見学されていたんですね。選手は建設的な話し合いができたようで、チームは方向に向かっていくはずです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。