第17号:ドラえもんが、川崎フロンターレのユニフォームを着た日。


今回は、新しいことを始めたい人の背中を押す話です。

川崎フロンターレがドラえもんとコラボしたときのエピソードを紹介したいと思います。


藤子・F・不二雄ミュージアムって川崎市ってあるんですよ。

できたのは2011年です。

そこで川崎フロンターレは、「川崎市」という地域性を切り口に、藤子キャラとのコラボを狙ったんですね。

例えば、応援のビッグフラッグに藤子キャラを登場させたり、フロンターレのユニフォームを着せたドラえもんのTシャツ販売したり、そういうコラボを展開できないかと持ちかけたんです。

ドラえもんの水色は、フロンターレのカラーとも合いますからね。

でも当然ながら、簡単じゃありません。

交渉は難航です。

そりゃそうですよね。

あのドラえもんですから。

なにせ国民的なキャラクターであり、世界でも展開されているキャラクターですから、権利関係がとっても複雑。

ドラえもんが川崎フロンターレのユニフォームを着る・・・素人が考えても実現するのは不可能に近い。

実際、「世界のドラえもんだから特定のサッカークラブを応援することはできない」と代理店側から「NG」を示され、藤子サイドまで話が通らなかったそうです。

しかし、そこでめげないのが集客プロモーション部の天野春果部長です。

この続きをみるには

この続き:1,791文字

第17号:ドラえもんが、川崎フロンターレのユニフォームを着た日。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
3

Frontale

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。