川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.5

連覇記念の特別企画、フロンターレ全選手レビューコラム。

今回は第5回目です。

背番号順でお届けているので、以下の6選手になっております。

22.下田北斗:悔しい思いをパワーに変えて決めた、札幌戦の移籍後初ゴール。

23.エドゥアルド:CBのレギュラー争いで存在感を出せなかったシーズン後半。そのターニングポイントになった、6月の天皇杯・ソニー仙台戦を読み解く。

24.安藤駿介:ベストイレブンを受賞したソンリョンが壇上で語った、GKファミリーへの賛辞。

25.守田英正:「自分が直接関われなくても、気遣いとかポジショニングで周りの圧力が分散されれば、僕が生きている」。今、もっとも注目すべき日本人選手の一人になったベテランルーキー。恐るべき進化を遂げたことを示した、ある試合とは?

26.タビナス・ジェファーソン:「俺は、あいつにそうなって欲しくない」。プロの壁にぶち当たっているジェフに対して、チームメートが語った期待。

27.鈴木雄斗:「うまくいきすぎている。そんなに人生甘くないと思うので、コツコツやっていきますよ」。劇的初ゴールを生んだ布石と、ようやく動き出したフロンターレでのラルフ物語。

 以上の6選手で約8500文字です。

今までのラインナップに比べると、試合に絡めなかった選手が少し目立つ顔ぶれかもしれません。その分、他では読めない読み応えある内容にもなっていると思います。ぜひ読んでみてください。

なお、バックナンバーもあります。

第1回目はこちらです。➡️川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.1

第2回目はこちらです。➡️川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.2

第3回目はこちらです。➡️川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.3

第4回目はこちらです。➡️川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.4

では、スタート!

この続きをみるには

この続き:8,369文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年シーズンの川崎フロンターレの選手レビューです。

または、記事単体で購入する

川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.5

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
7

いしかわごう

サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。

連覇記念:川崎フロンターレ 2018年 選手レビュー

2018年シーズンの川崎フロンターレの選手レビューです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。