見出し画像

等々力の雰囲気を一変させた大島僚太の帰還。決勝弾をお膳立てした阿部浩之の予感と、脇坂泰斗が見せた咆哮。(ルヴァンカップ準決勝1stレグ・鹿島アントラーズ戦:3-1)

等々力陸上競技場でのルヴァンカップ準決勝・鹿島アントラーズの第1戦は3-1で勝利。幸先よく、先勝することができました。

トピックは色々ありますが、まずは試合の流れを変えた守田英正が決めた同点弾ですね。彼にとっては、2年目にして生まれたプロ初ゴールでもありました。

「余計なことを考えずに、とりあえず枠に入れる。そこからですね。神戸の時もフリーで外していたので。多分、自分がゴールを決めたら相当に盛り上がるし、すごく勢いづくと思うので、狙いたいですね」

 実はこれ、試合前日練習後に述べていた守田英正のコメントです。まさにその通りに枠に入れたダイレクトボレーがゴールネットに突き刺さり、そこから勢いを取り戻す試合展開になるとは、正直、ビックリですね。

さて、試合のポイントになったところは本文でたっぷりと語っております。今回のラインナップはこちらです。

1.「1点取られた後ですね。攻め方が真ん中から行き過ぎているから、サイドから行けという指示をしたんですよ」(新井章太)。鹿島ペースで進んだ立ち上がりと、絶対に与えてはいけないアウェイゴールを許した失点劇。しかし、その展開で選手たちが修正した2つのポイントとは?

2.「点を決めたことで僕自身もチームも良いきっかけになって、チャレンジする機会が増えた」(守田英正)。必然でもあった、中央からの一撃。生みの苦しみを味わったモリタが見せていく逆襲劇。

3.「リョウタからは絶対に来ると思いましたね」(阿部浩之)」、「落ち着いてシュートを打てました」(脇坂泰斗)、「そんな、(話すことは)何もないですよ(笑)」(大島僚太)。等々力の雰囲気を一変させた大島僚太の帰還。決勝弾をお膳立てした阿部浩之の予感と、脇坂泰斗が見せた咆哮。

4.「自信を持ってやれているし、自分たちがやりたいこと、やらなくてはいけないことが出来ている」(阿部浩之)。途中出場で1得点1アシスト。仕事人・阿部浩之が口にした、チームとしての確かな手応え。

5.「僕たちはこの試合にかけていた。リーグでも上をいく鹿島に、カップ戦でもやられてしまったら、何も残らない」(長谷川竜也)。タツヤの言葉から読み取れる、若手に継承される自信と変化。

以上、5つのポイントで冒頭文も含めて全部で約8000文字です。2試合の合計スコアで競うレギュレーションなので1試合目のレビューが色々と難しいのですが、そこに悩みながら書いたレビューなのを汲み取ってもらえればと思います・苦笑。

なお、プレビューはこちらです。→試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ルヴァンカップ準決勝1stレグ・鹿島アントラーズ戦)

では、スタート!

この続きをみるには

この続き:7,052文字

等々力の雰囲気を一変させた大島僚太の帰還。決勝弾をお膳立てした阿部浩之の予感と、脇坂泰斗が見せた咆哮。(ルヴァンカップ準決勝1stレグ・鹿島アントラーズ戦:3-1)

いしかわごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

もっとスキになってください!
19

いしかわごう

サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。