【自分でできることをやろう】

#web小説
青年は今日も働きに出る。職場は町のスーパーだ。伝票を捌き、入荷を確認し荷出しだ。膨大な品目と数があるが時間はかけられない。開店時間は刻々と迫ってくる。お客様をお迎えする準備は他にもたくさんある。合間に上司から他の仕事の指示も飛んでくる。優先順位を考えるのもどうも苦手だ。スタッフは少なく複数の仕事をこなさねばならない。

こんな仕事、いつまで続けるんだろう?青年は人生に疑問を持っていた。この命もいつか終わってしまう。それは明日かもしれない、10年後か40年後か。いつかはわからない。このままでいいのだろうか。一体自分は何をやりたいんだろう。自分でしかできないことやりたい。

理不尽なことを押し付けられたり、嫌な人間関係を強制的に続けなければならないのは辟易していた。自分で選べるようになりたい。選択肢を自分の手に取り戻したい。心からそう願った。そして考えた結果、青年は「そうだ社長になろう」そう思った。社長がなんなのか全くわからなかったし、なり方もわからなかった。でも好きな車に乗って、自由な感じがしたのだった。

しかし、どうすればいいのかなんて全くわからなかった。それから青年は仕事帰りに本屋に立ち寄るようになった。本屋はどこを歩いても興味深いものが沢山あってとても楽しめた。知的好奇心を刺激され、ワクワクさせる効果がある。でも目的は「社長になること」だ。主にチェックするのはビジネスコーナーだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。