スクリーンショット_2019-04-14_0

【糖質制限ダイエット】

ゆるゆる始めた糖質制限ダイエット。食べるものを肉か魚と野菜にして、米やパンなどの穀類を食べないようにしています。甘いお菓子や、果物も糖質の分類だそうなので我慢。と言ってもゆるゆるですので、朝は果物も可、昼食時は選択の自由度が低い時、穀物も可という感じです。

食事で穀物を食べないと、少し物足りない感じがしてしまいます。その分、肉・魚・野菜は多目に食べています。この結果がどうなるでしょうか?それは3ヶ月程度経たないとわからないでしょう。体感して驚いたのは、食後に何か甘いものかフルーツなどが欲しくなることです。これがないと、ドキドキしてしまいます。

これは糖質中毒だんだとか。人によってはお酒、タバコ、女(男)、薬物などなど。いろいろな中毒がありそうです。習慣なのか、中毒なのか、このラインは微妙なところ。明らかな弊害があれば中毒というのだろうが、弊害が明確にならないこともある。食後にフルーツが欲しい、などもその一つだと思います。

僕の場合はお菓子も大好きですから、リアルで糖分過多と思います。でも、糖尿病になるまで弊害はわかりません。一説によると、老化を早めるとも言います。糖質を控えた人によると「頭が冴えてきた・疲れにくい・花粉症が軽減した」などと言うので、やはり何か影響はあるのでしょう。
さて、あなたのやめられない習慣は何ですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。