見出し画像

情報処理技術者試験の午後2論文、これだけで勝てます

情報処理技術者試験の午後2論文に合格するコツをまとめました。500円で最後まで読めます。

合格のコツは2つだけ

合格のコツは2つしかありません。そう言えるのは、それらのコツを実践しただけで、ぼく自身が合格できたからです。下記、ぼくの受験歴をご覧ください。

・2014年秋 システムアーキテクト試験/不合格(論文がB評価)
・2015年秋 システムアーキテクト試験/不合格(論文がC評価)
・2018年春 プロジェクトマネージャ試験/合格
・2018年秋 システムアーキテクト試験/合格
・2019年春 システム監査技術者試験/合格

2015年まで2連敗していたのが、コツに気づいた2018年からは3連勝しています。劇的な効果ですよね。ちなみに2016年から2017年は、論文のない区分に逃げていました…。

この劇的な効果は、実務経験によるものではありません。純粋にコツのおかげです。2014年時点でも、コツさえ知っていれば合格できたはずなのです。

2つのコツとは?

試験の結果を左右した2つのコツとは、ズバリこれです。

・10分かけてストーリーを考えてから論文を書き始める
・想像力を羽ばたかせ、役割になりきって書く

以下、それぞれ詳しくご説明します。

この続きをみるには

この続き:2,440文字

情報処理技術者試験の午後2論文、これだけで勝てます

iwamot(岩本隆史)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたらもちろんうれしいですが、無理はなさらないように。

ありがとうございます!

iwamot(岩本隆史)

Web開発者。現在の関心事はシステム品質の改善(特に性能効率性と保守性)。JAPAN MENSA会員。

情報処理技術者試験の友

自称「情報処理技術者試験アンバサダー」による、受験者応援マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。