両親の教育方針が違う場合の参考にならないトラブル事例

2017-05-10

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。ちょっと楽しい気持ちになったり、立ち止まって振り返ってみたり。何か感じてもらえたなら幸いです。

楽しんでもらえたら嬉しいです!
127

茉莉花堂

子育て絵日記(2017年4月下旬~)

2017年4月下旬からの子育て絵日記です。子育てとカンケーない日々のザレゴトもあります。
3つのマガジンに含まれています

コメント14件

欲しいものを、欲しいと子供が言えることは、とても大切と思います。漫画で、過去形だと、思わず笑えるようなセッティングですが、現実にはとってもきつい場面なの、よくわかります。どうぞ、子供が気楽に話の出来るお母さんでいてあげてください。
空の下のマサコさん> 子どもが気兼ねなくほしいものをほしいといえる環境は大切ですよね。今回の話の場合「ほしいものがあれば買う(買ってあげる)」に対して「ほしいものをほしいという理由だけで、一度手にしているにもかかわらずその日のうちに何度も買ってもらうことでいいのか」という話なので、「ほしいものをほしいと言えなくなる」というのとはまた違うのではないかと思います。
あるある。友達じゃねーんだよちゃんと教育しろ!って怒られます。。
自分から「明日また食べたいな♡」って我慢・交渉してくれるようになってほしい。。。ゼリーだけじゃ生きられないということを理解できないと難しいんだろうなぁ。。はぁ。
こんにちは世界さん> 交渉はできるようになってくれると嬉しいなーと私も思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。