オバケよりコワいものがこの世にはある

ネタバレ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空白
更新された怖い話1
更新された怖い話2
更新された怖い話3 2019-6-11
この計画 今回読んだ絵本はこちら。「この計画はひみつです」http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1040093644

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。ちょっと楽しい気持ちになったり、立ち止まって振り返ってみたり。何か感じてもらえたなら幸いです。

ありがとうございます。励みになります!
124

茉莉花堂

茉莉花堂やすみん。3姉弟(イチコ・ニコ・サンサン)の子育てや日々のザレゴトをマンガに描きとめてます。 ※記事や画像の無断転載はご遠慮ください。

子育て絵日記(2019年1月~)

2019年1月からの、日々のマンガを詰めたマガジンです。子育てにカンケーない記事もあります。

コメント4件

表紙からもう怖い。なんか笑ってる人が描いてあるから楽しいやつかなっておもったんだろうか…。サンサンの純粋な気持ちを…!この…!この…!マンハッタン計画めーーー。しかし見開きベタのとこ、こんなにダメージを喰らうように描けてるってことは多分ただの黒じゃなくて、気持ちを込めて塗ったやつじゃないかなぁとも思うんで、ちょっと読みたくなりました(後追い自殺コース)
この本のことは知らなかったのですが、漫画に描かれてるあらすじ読むだけですごく怖いですね…。大人の自分から見てもゾッとするのでまだ小学生のサンサン君には強烈だったことと思います。私も小学生の頃、夏の平和学習で被爆体験の話を聞くのが毎年怖くて仕方なかったの思い出しました。でもタイトルだけ見るとすごく惹かれてしまうのもよく分かります。中身知らなかったら手に取っちゃいますね(´∀`; )
まみすけさん> 推理とかミステリー系だと思ったんでしょうね。この絵本自体は絵もデザイン画風でシンプルですし、淡々と話が進んでいます。計画が完成した後の描写に悲惨なものはないので、低学年の子が読んだら「それで?」と思うかもしれません。ただ、何もない広大な土地でも、そこに小さな町があったり誰かが遊びに来ていたり、普通の生活をしている人たちの描写があって、さらに人の手によるその爆弾が日本で実際に使われた事実を知っていると、ラストのページに違うものが見えてくるんでしょうね。機会があったら読んでみてください~。
ナツキさん> あらすじ聞くと怖いですよね。どんなだろうとびくびくして自分も読んでみたら、洗練された感じでシンプルな絵本でした。被害の描写はないので、視覚的にみたら「はだしのゲン」とか「ちいちゃんのかげおくり」の方がよほど怖いと思います。そんな描写にもかかわらずサンサンがあれだけ怯えていたというのは、絵本から受ける作者からのメッセージが強烈ということなんだと思います。私も被爆体験の話、怖かったですね…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。