文の訪れ

文の訪れ

  丸田洋渡

雛菊や書き記すとき前かがみ

鳥交る篆刻に立ちあがる名前

早春の降りやむまでは雨の部屋

かたくりの花や折り鶴飛びすぎる

文字から墨へ墨から文字へ雪柳

日永よくうなずいて鳥の大きさ

橋はとろとろ仲春の鳥の過渡

たんぽぽをめぐらせる高原となる

風車風より風のまわり方

薺の花を楽器にしていた日は

一行のかろやか花の半音階

書きぐせが本重くして桜貝

春のたけのこ字幕なくして見る洋画

水晶のように観瀑台に立つ

滝なめらかに半過去のひらひらす

月ある空気ここから歌いはじめる

眩しさに鹿は一枚へと変わる

未だ絵を知らない白紙かいつぶり

昼と夜のぐるんと変わり冬椿

文と文法おとずれてから開く雉

​───────​───────

※ 第三回円錐新鋭作品賞に応募して落選した20句連作です。句単体では、〈文字から墨へ墨から文字へ雪柳〉が、澤好摩さんの推薦句として選出されました。
 個人的に、特に「文字から墨へ」、「一行の」、「眩しさに」、「昼と夜の」、「文と文法」を、この連作のなかで読んで欲しいという思いがあり、ここに記録として残しておくことにしました。

6

洋渡

丸田洋渡、本名。よっと、と読みます。俳句/短歌、たまに詩/小説。山梨学生短歌会所属。https://mobile.twitter.com/qualia_of_sky

俳句/短歌/詩 作品

俳句や短歌や詩がそっと置かれた場所
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。